ダンボールでガスマスク!!レーザーカッターで部品を切ってくよ!!

展開図作成からレーザーカッターで部品切り出し!!

友達の依頼で作り始めたガスマスクですが、前回までに作ったCGデータを元に展開図を作成してレーザーカッターで切っていきます!!

前回のお話は次のページからどうぞ!
ダンボールでガスマスク!!CGソフトでモデリング開始!!

展開図の作成は、毎度お世話になっておりますペパクラデザイナーというWindows専用ソフト。

こんな感じで整えました。
gasmask_pepakura

データを元に、これまたいつもお世話になっているエランズクラフトさんで、レーザーカッターを使って部品切り出し!!サクサク切ってまいります!!
gasmask_build1

レーザーカッターを使うと、こんなカスが…というのはウソで、これは昨日焙煎したコーヒー豆の皮でございます。
coffee_roast15

はい、こんな感じで切れました!!穴の部分は、手切りじゃとても難しい細かさなので、レーザーカッター様様でございますよ。
gasmask_build2

gasmask_build3

部品をダンボールから外していきます。
gasmask_build4

レーザーカッターによってはダンボールが切れないものも

いつも使わせてもらっているレーザーカッターですが、3Dプリンタと同様に、こちらもピンからキリまで色々な機種があります。上位機種になっていくと、もう完全に業務用という感じ。

エランズクラフトさんで導入されている機種は小売価格が200万円を超えるという車が買えてしまう金額で、性能が良いものです。

安いものなら30万円程度のものもありますが、最近、そのような価格帯のレーザーカッターをお持ちの方に、ダンボールを切ろうとしたら、焦げてしまい、うまくいかなかったということを聞きました。

レーザーカッターならどの機種でも何でも切れるというわけではないというのは想像ができます。

でもダンボールぐらいなら安価な機種でも切れそうなんですが、そうでも無いんですね。

仮に最初に使ったレーザーカッターがダンボールに対応できないようなら「レーザーカッターでダンボールは切れない」という認識になって、いわいのダンボールライフにも大きな影響が出ました。

一週間でテレビ番組用のダンボールロボを作成するなんてことは、できませんでした。

そんなわけで、良い機材を提供していただけたエランズクラフトさんには改めて感謝です!!

次回からは切り出した部品を組み立てていきまーす!!

続きは次のページからどうぞ!
ダンボールでガスマスク!!ガスマスクを組み立てていくよ〜!!

ダンボールアート記事のまとめはこちら!
ダンボールアートまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です