【御礼】スバコが目標達成!クラウドファンディングは継続中!

愛知県一宮市のBASE COFFEEで焙煎体験をしてきました

愛知県一宮市にオープンしたばかりのコーヒー屋さん、BASE COFFEEでコーヒー豆の自家焙煎セミナーなるものを受講してきました!!

BASE COFFEE

コーヒー豆の自家焙煎というものは初めてだったんですが、とても楽しめました!!

ミルを買ってからコーヒーに凝り始めております

一昨年(2012年)、会社の近所にできたコーヒー屋さん、MITTS COFFEE STANDが「スペシャルティコーヒー」なるものをお店の特徴に掲げていました。

スペシャルティコーヒーの定義について詳しくは次のページに書かれていますが、ザックリといえば美味しいコーヒーってことです。(ザックリ過ぎでスマン)

スペシャルティコーヒーの定義

大規模なチェーン展開をするようなコーヒーショップは、全国どこでも同じ味を提供してくれるという無難さがあります。

対して独立店舗の場合、一杯ずつハンドドリップ(手で淹れる)なんてことができて、そのお店だけのこだわりコーヒーなんてものをいただくことができます。

コーヒー好きではあったものの、それほどこだわりは無くてインスタントでもガブガブ飲んでいましたが、MITTS COFFEEで本当に美味しいコーヒーを知ってから考えが変わりました。

昨年(2013年)はコーヒー豆を粉にするためのミルを購入して、挽きたての豆で作るコーヒーの美味しさも知りました。

今年はこだわりの焙煎人のコーヒー豆が定期的に届くカワクラのサービス(追記:その後、サービスは終了したようです)も利用してみました。

インスタント→スペシャルティコーヒー→自分で豆を挽く→こだわりの豆を入手、といい感じに深みにはまりつつあるわけですが、友達のFacebookのつぶやきでBASE COFFEEというお店を知り、足を運んだところ「焙煎体験」ができるセミナーがあると知って申し込んでみました。

BASE COFFEEで焙煎体験!!

そんなわけで行ってまいりましたよ、焙煎体験セミナー。セミナーが開かれたBASE COFFEEは、2014年4月にオープンしたばかり。店内は非常にかっこよくて雰囲気も良いです。

焙煎した豆の販売も行われていて、どちらかというとそちらに力が入っているかなという感じですが店内でもコーヒーをいただけます。
coffee_roast1

こちらが今回のセミナーで使った焙煎機。これで300gぐらいのコーヒー豆が一度に焙煎できるそうです。
coffee_roast4

結構大きいのですが個人向けだそうです。まあプロだったら一度に300gしか焙煎できないようじゃ足りないですよね。(写真は撮ってませんが隣には4.5kgぐらいまで焙煎できるというプロ用マシンが設置されてました)

セミナーでは豆の選別や焼き加減のことなどをiPadを使って説明していただきました。

実際の生豆がこちら。ハンドピック(手作業による選別)で、不良豆を取り除くそうです。不良豆が一つ入っているだけで、コーヒーの味がすごく悪くなるとのこと。
coffee_roast2

セミナーで使われた豆達でございます。
coffee_roast3

焙煎機の計器類。一見、難しそうですが、ガスのスイッチと温度調整ダイヤル、焙煎と焙煎後の豆を冷ます機械のスイッチ、タイマー(経過時間を計るだけ)、温度計というわりと単純な構成。設定温度に達したら鳴るブザーもありますが、うるさすぎるので使わないとのことw
coffee_roast9

ここからコーヒーの生豆を投入!焙煎機を暖機してから豆を投入し、その後は、計器を見ながら温度の上昇幅を微調整します。一旦よい感じに調整ができたら、あとはそのまま。

釜の温度は連続で焙煎すれば温まり方が違うし、気温にも左右されるので、思ったとおりに焙煎できるようになるまでは練習が必要になるそうです。
coffee_roast10

のぞき窓を見ていると最初は青い豆が…
coffee_roast5

時間の経過とともに、いい感じに色付いてきます!ある程度のまで焙煎が進むとパチパチという豆が爆ぜる音がするんですが、最初の音をイチハゼ、しばらくして二度目の音がするのを、ニハゼというそうです。その後、豆をどのタイミングで取り出すかによって焼き具合いが決まります。浅煎りとか、深煎りとかいうやつです。
coffee_roast7

煙突からはモクモクと煙が出るわけではありませんが、4回も焙煎するとフィルタ掃除が必要だそうです。
coffee_roast11

くず入れにたまった、コーヒー豆の皮。ガスコンロで豆を焙煎するための簡単な器具があることは知ってましたが、自宅でそれをやるとこの皮が飛んでしまうらしく、部屋が大変なことになるそうです。

店主が「チャフ」と言っていたので、うちに帰ってから意味を調べたら、穀物のもみがらとか、クズを示す英語(chaff)のことのようでした。
coffee_roast15

最後は釜から豆を取り出して、豆を冷まします。
coffee_roast8

焙煎したての豆をすぐにテイスティング!今回は深煎りと浅煎りを体験させてもらい、どちらも試飲しましたが、美味しかった!
coffee_roast13

coffee_roast14

焙煎したコーヒー豆はお持ち帰り。2〜3日ぐらい経つと更に美味しくなるようです。楽しみ(^^
coffee_roast12

今回使った焙煎機は50万円ぐらいとのこと。発売当時、30万ぐらいだったのが売れ行き好調のため?、20万の値上がり!思いきりやがったなw

業務用の大きな焙煎機も基本的な仕組みは今回のものと同じなので、こちらで経験を積めば大きなものも扱えるのだそう。

一週間も使うと機械の内部が汚れるため、分解清掃は欠かせないそうです。

ちなみに大きなメーカーは、数値入力で全自動な機械を使うため、温度の見極めとか、経験はなくても焙煎できてしまうんだとか。

さすがに50万円もする焙煎機をすぐに購入ってわけにはいきませんが、実際に焙煎体験をすることで豆の良し悪しとか、もうちょっとわかるようになるんじゃないかと思います。良い経験をさせてもらいました。

BASE COFFEEさんは、店主も非常に感じの良い方ですし、もちろん、コーヒーも美味しいので、また、是非、これからもおじゃましたいと思います(^o^)

追記: 通販のスペシャルティコーヒーも美味しかったですよ。オススメ。
通販で購入したスペシャルティコーヒーが旨すぎだった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です