初心者ランナーの憧れ!GPS時計Garmin Forerunner620を購入しました

ワッショーイ!ってことで、ついに恋い焦がれていたGPS時計、Garmin Forerunner620を購入しました!

てなわけで、早速開封ワッホイ!

迷いに迷って、Forerunner620に決めた理由

つい先日、EPSONのGPS時計も良さげかな〜という記事を書きました

で、次のような点に迷いつつ、最終的にはForerunner620を選びました。

基本的な機能

GPS時計って、どんなところに気を付ければ良いのかは、イロイロな方のブログを拝見して自分なりに考えました。いわいが考えたのは、次のような点。

  • GPSの精度
  • 稼働時間
  • 操作性
  • 室内のランニングマシンでも計測できるか
  • 立ち止まったときに計測を自動で止められるか
  • 心拍数が計測できるか(将来的にオプションとして)

これらはEPSONならSF-510T以上のモデルであれば、条件を満たしていました。

しかもEPSONの場合、GPS時計としての稼働時間が30時間!ということで驚きの電池持ちの良さとなっています。

ちなみに普通の時計としてだけ使う分には、電池は数日持ちます。

GPSって電池食いなんですね。まあそこまで電池持ちが良くなくても良いわけですが、持ちが良くて困ることはありません。

一方のGarmin Forerunner620/220も条件を満たしていました。

GPS時計としての稼働時間は10時間ということで、十分な性能。

連携するウェブサービスの完成度

EPSONには、NeoRun、Garminには、Garmin Connectというウェブサービスがあり、両者ともiPhoneアプリがあります。

Epson Run Connect

Epson Run Connect

Seiko Epson Corporation無料posted withアプリーチ

Garmin Connect™

Garmin Connect™

Garmin無料posted withアプリーチ

詳しい方のブログを拝見したところ、EPSONはランニング用のGPS時計という市場に参入してからまだ日が浅いらしく、ウェブサービスに関してはGarminの方がよくできているようでした。

昨年、Fitbit Oneという歩数や消費カロリーなどを自動計測してくれるガジェットを購入しました。購入してみてわかったのは、収集したデータをいかに活用できるかが重要ということ。

この種の商品としては、Jawbone、Nike、そしてGaminなども参入していますが取得できる情報は似通っています。となると、アプリやウェブサービスの完成度も重要な要素になります。

実際には、EPSONとGarminのウェブサービスをしっかりと精査したわけではないですが、まあ、確かにGarminはプロっぽい印象を受けました。

デザイン

これはいわい的にはGarminの圧勝。Forerunner620/220のデザインは、身に付けたくなるデザイン性の高さがあります。

ちなみにウェブで検索しているとForeAthlete620/220という製品が出てきますが、これはForerunnerの日本語版です。

イメージビデオもセンスが良いですね。カッコイイわ〜

まあだいたい、こんなことを考えていたら、いわいがちょうど検討していた製品に関して比較表まで作られている方が!

これ、めっさ参考にさせていただきました。ありがとうございます!

勝手にGPSウォッチ考(3) – Running On

基本的な機能はEPSONもGaminも満たしていて、そうなると圧倒的にデザイン性の高いForerunnerの2機種に軍配が。

あとは上位機種の620か、下位機種の220かになるわけですが、220は実売価格がEPSONのSF-510に近い2.6万円ぐらい。620は4万円前後。

機能的にはForerunner220でも十分と思われましたが、迷って下位機種を買うときっと後悔すると思ったので、エイヤー!!っとForerunner620を購入しました!!

Forerunner620到着!!そして開封!!

さあ、やって参りましたガジェット好きにはたまらない開封タイムです!!

garmin_fr6201

計の入っているケースはiPhoneの箱と似た感じ。これは意識してるでしょうね。

garmin_fr6203
garmin_fr6202

ドヤ!!と言わんばかりのご尊顔w

garmin_fr6204

箱の中身もiPhone並みにシンプルで、時計本体の他は充電器と説明書のみ。

garmin_fr62012

説明書はいっぱいあるように見えて、同じ内容のものが数カ国語分あっただけなので実質的には、これだけ。

garmin_fr6206

時計は電源が入っているのかと思ったら…

garmin_fr6207

シールだったw

garmin_fr6209

裏側はこんな感じ。

garmin_fr6205

充電器は磁石で時計とくっつくようになっています。

garmin_fr6208
garmin_fr62014
garmin_fr62010

ベルトは軽くて柔らかなゴム製で、裏側は鮮やかなオレンジ色。

garmin_fr62013

とりあえず、よくわからないけどウレシイからいじってみたりとかw

garmin_fr62016

左上のボタンがバックライトのオンオフなのはすぐにわかった。

garmin_fr62017
garmin_fr62015

簡易説明書に、使い方が書いてあったので読んでみたら…

  1. 充電しろ
  2. オプションの心拍測定器つけろ
  3. 走れ
  4. Garmin Connectにデータをアップしろ
  5. デバイスの登録しろ
  6. もっと知りたかったらココ読んどけ

と書かれていたw まあ案の定、これだけではワケワカメだったので、このあとイロイロと情報探しの旅に出ました。

このあと仕様がわからずに悶絶するとは知らず…w

次回ははまってしまった初期設定まわりについて書きます!!

追記: 続きはこちらです!
GPS時計Garmin Forerunner620の初期設定で悶絶!なんとか無線通信できるようになった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です