Apple Watch 3でも長距離ランニングへの利用は厳しい

iPhone 8、X とともに発表されたApple Watch 3は、ついに単体で電話機能も備えるなど、スマートウォッチとしての機能がさらに向上しています。

しかしながらGPS利用時のバッテリー持ち時間はApple Watch 2と変わっておらず、長距離ランに使うのは難しそうです。

Apple Watch 3 のGPS利用時のバッテリー持ちは5時間

Apple Watch 2が発売されたときに、ランニングにどれぐらい使えるのかについて書きました。

Apple Watch Series 2はランニング用として使うにはまだ厳しい

2016.10.10

結論としてはGPS利用時はバッテリーが5時間程度しか持たないということで、日常のランニングには十分であるもののフルマラソンでは利用が難しいです。

追記:Apple Watchユーザーに聞いたところ、朝の時点で満充電でも夜までバッテリーが持たないことがあるそうです。GPS利用時のバッテリー持ち時間が5時間というのは、満充電という前提なので、走るタイミングによっては日常のランニングでも厳しいかもしれません。

Apple公式サイトを確認したところ、Apple Watch 3もGPS利用時のバッテリー利用可能時間はApple Watch 2と変わらないことがわかりました。

Apple Watch Series 3のバッテリーに関する情報

Apple Watchのボディサイズでこれ以上バッテリーを増やすだけのスペースはないと思われるので、技術的に飛躍的な進化がない限り、持ち時間をこれ以上伸ばすことは難しそうです。

長距離ランはランニング専用ウォッチ、日常はApple Watchと使い分けるのがよい

結論が過去記事と同じになってしまいますが、やはり長距離ランならランニング専用のGPS時計を使うのがよいですね。

Apple Watchのように多機能ではありませんが、機能をランニングに特化しているため、電池の持ち時間はフルマラソンにも耐えられるものになっています。

ちなみに私が使っているのはGarminのForerunner620です。

マラソン大会など長距離を走ることがないのであれば、Apple Watch 3の電池持ちは十分だし、様々な機能を楽しめるのでよいと思います。

初心者ランナーの憧れ!GPS時計Garmin Forerunner620を購入しました

2014.04.07

初代Apple WatchがGPS時計Garmin Forerunner620の代わりにならない理由

2014.09.12

いわいのあとがき

猛暑が過ぎさり、ようやくランニングに最適な涼しい季節になってきたのに腰痛再発。

3週間ぐらいランニングをやめて安静にしていて、少しずつリハビリランをしようかと思っていた矢先に今度は背筋が肉離れ(涙)焦ってもしょうがないので、回復を待つかな。

そういえば先日、安物のスマホ充電用バッテリーが爆発して電車で火災が起きてましたね。ちゃんとしたの買いましょう。

おすすめはCheeroかAnkerあたり。どちらも信頼性が高いです。最近はiPhoneのバッテリー容量も多いので、充電用バッテリーはコンパクトタイプでもよさそう。









Apple Watch 3

ABOUTこの記事をかいた人

ダンボールアーティスト/ブロガー。会社員だった2014年にテレビ局、ディズニーからダンボールアート制作の依頼を受ける。2015年からは独立し、ダンボールアート制作、ライティング、プロダクトデザインなど多方面で活動中。詳しくは、プロフィール・実績をご覧くださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です