ニール・ブロムカンプ、新作をYouTubeで無料公開、Steamでは特典付きで販売

映画監督のニール・ブロムカンプが、新作(短編)をゲームプラットフォームとして人気の Steam で公開予定だそうです。

実験的な試みのようですが、コンセプトアートや CG データの配信もあるかもとか、何やらとてもおもしろそうですよ。

追記(2017 年 6 月 15 日):映画監督のニール・ブロムカンプが、新作(短編) RAKKAYouTube無料公開。当初はSteamで公開という話でしたが、方針が変わったようです。

追記(2017 年 6 月 16 日):新作は Steam でも販売が始まっており、約 500 円で購入すると、コンセプトアートや 3D モデルのデータも入手できます。ちなみに英語版のみ。

Oats Studios – Volume 1 Assets

「第9地区」など話題作をてがけてきた、ニール・ブロムカンプ

ニール・ブロムカンプといえば、「第9地区」が長編映画としては低予算ながらも、優れた脚本と映像表現により話題となり、興行的にも成功を収めました。

その後もエリジウム、チャッピーなど、SF の長編映画を手がけています。彼の映画はすべて見ていて、好きな映画監督の 1 人です。

以前、彼がジョーク映像を作ってネットで話題になっていましたが、今回の短編と同じく OATS STUDIOS が手がけているようです。

ハリウッド映画の監督が本気でジョーク映像を作るとこうなる

2016.11.13

OATS STUDIOS

新作を YouTube で無料公開するという実験的な試み

追記(2017 年 6 月 15 日):当初は Steam で公開という話だったため、その前提の記事になっていますが、最終的には YouTube で公開されました。

そのニール・ブロムカンプが、新作の短編を Steam で公開予定であると発言しています。元ネタはこちら。

Netflixはもう古い?―SF映画「第9地区」「チャッピー」監督、Steamで新作を公開 – INTERNET.COM

Steam はゲームのプラットフォームというイメージですが、実際にサイトを覗いてみたところ、メニューの中に「ムービー」があり、映像配信も行っていることがわかりました。

見たことのないタイトルが並んでいるので、もしかするとインディーズ映画などが中心なのかもしれません。

Steam

短編については、ニール・ブロムカンプ自身が Twitter で色々とコメントしています。Steam での短編公開は、長編映画につなげるための実験的な試みのようです。

もしも私が長編映画のためのテストとして、実験的な短編(ショートフィルム)を Steam で売ったら、皆は見てくれるかな?

短編が「ベトナム戦争が実際とは異なる結果だったら」というストーリーであることを示唆するコメントも。

そして短編のティーザーも YouTube で公開されています。

VFX 出身のニール・ブロムカンプならではのアイデアも。CG 好きにはたまらんかも!

Steam のアイデアは、自分達がすべてをひとつ屋根の下に持てるということ。コンセプトアート、3D のアセットや Maya のシーンファイルが欲しい人がいたら、それを入手できます。

なんでスタジオの名前が OATS(オーツ麦) STUDIOS なのか?という質問に対する回答からは、制約のない環境で自由に映像を作りたいというニール・ブロムカンプの考えがわかります。

いい質問だ。スタジオにとって肝心なのは、自分たちのやりたいようにできるということ。制約なしに。だからこの不可解な名前がぴったりだと思うんだ。

今後どのような展開になっていくのかが楽しみ。ぜひ Steam の試みが成功して、ニール・ブロムカンプの長編映画が劇場でみられるとよいな。

これが成功したら、映像制作者達にも新たな可能性が生まれそう。これからも注目していきます。

追記(2017 年 5 月 30 日):新たなティーザー映像が公開されました。ベトナム戦争が別の結果だったら的なお話でしたが、クリーチャーが出てる。そういう方向か(笑)

追記(2017 年 6 月 15 日):当初は Steam で公開という話だったため、その前提の記事になっていますが、最終的には YouTube で公開されました。

追記(2017 年 6 月 16 日):新作は Steam でも販売が始まっており、約 500 円で購入すると、コンセプトアートや 3D モデルのデータも入手できます。ちなみに英語版のみ。

Oats Studios – Volume 1 Assets









oats-studios

ABOUTこの記事をかいた人

ダンボールアーティスト/ブロガー。会社員だった2014年にテレビ局、ディズニーからダンボールアート制作の依頼を受ける。2015年からは独立し、ダンボールアート制作、ライティング、プロダクトデザインなど多方面で活動中。詳しくは、プロフィール・実績をご覧くださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です