Ogaki Mini Maker Faire 2016参加までの舞台裏

開催当日にもSNSで、ちょこちょことイベントの模様をお伝えしていたOgaki Mini Maker Faire 2016ですが、おもしろい人達と知り合えて、収穫大でした。

今日から何度かにわけて、Ogaki Mini Maker Faire への参加準備のことやイベント当日のことなどをお伝えします。

わりと軽いノリで参加を決めたOgaki Mini Maker Faire 2016

Ogaki Mini Maker Faire

Ogaki Mini Maker Faire 2016のことは、9月頃にFacebookで知りました。

メーカーフェア自体は聞いたことはあったけど、イベントの性質はそれほど知らず、でも開催日は予定も入ってないし、時間もあるし、岐阜県だし、参加しちゃえぐらいのノリでした。

ブログでは主催者から正式な連絡をいただいた10月下旬に参加表明。このときは余裕しゃくしゃく。

Ogaki Mini Maker Faire 2016に出展します

その後、色々と準備をし始めたところ、案外時間がかかることがわかり、イベント前日まで夜なべすることになりました(涙目)

ミニメーカーフェア向けに過去作品の蔵出しやリメイク

まずミニメーカーフェア向けに出そうと思ったのが、過去に作った等身大アイアンマン。
lifesize_cardboard_ironman

制作の模様は過去記事にも書いてあるので、ご興味があればぜひご覧ください。

等身大ダンボールアイアンマン制作舞台裏(前編)

等身大ダンボールアイアンマン制作舞台裏(後編)

2015年の制作時には、東京と名古屋で開催されたイベントで展示させてもらいました。

その後はずっとガレージに眠っていたので、変形したり、劣化したりしていないか心配でしたが、ほぼ問題なく一安心。
ogaki_minimakerfaire201610

もう1つ出そうと決めたのが、過去にデータファームさんからの依頼で作ったライフマスク。

データファームさんからの依頼で「ペーパーヘッド(顔のかぶりもの)」を作りました!

依頼主から自由に使っても良いという許可をもらい、今回のイベント向けにリメイクしました。

自分で設計しているので、部品がバラバラになっても大体どの部分かはわかります。
ogaki_minimakerfaire20165

とはいえ、顔の前面は細かめに作ってあるので、組み立ては難易度高め。
ogaki_minimakerfaire20166

リアルな顔はモデル本人の顔写真を加工して作っており、シール印刷したものをダンボールの上にペタペタと貼り付けています。
ogaki_minimakerfaire20167

生まれたてなのに大人(笑)
ogaki_minimakerfaire20168

完成!
ogaki_minimakerfaire20169

イベント直前までかかって仕上げたダンボールアートの組み立てキット

展示品は比較的スムーズに準備できましたが、大変だったのは販売を行うダンボールアートの組み立てキット。

ダンボールアートはこれまで受注制作しか行っておらず、量産品を販売するのは今回が初めて。

経験がないため、準備には非常に時間がかかってしまいます。

製品そのものは別のイベント向けに企画していたものなので、デザインはほぼ固まっていましたが、一人で量産するのは予想以上に大変。

3種類のデザインを20個ずつぐらい作ることを考えていたので、大したことはないと思ってましたが、1つのキットに大して複数枚の板ダンボールを要するため、100枚以上の板ダンボールを使うことに。

いつもの工房、エランズクラフトさんに大量のダンボールを持ち込んで朝から晩までレーザーカッターを専有。
ogaki_minimakerfaire20162

結局、全てをカットし終えるまでに16時間かかりました。

部品をカットしたあとで仮組みし、不都合があったものはその場で修正。
ogaki_minimakerfaire20163

カブトのデザインも最初は丸穴でしたが、西洋甲冑っぽくないので縦穴に変更しました。
ogaki_minimakerfaire20164

色が付いていた方が魅力が増すと考えて、着彩サンプルも作成。

伝説の剣なので、伝説っぽい色にしました。
ogaki_minimakerfaire201611

フォトフレームは童心に帰って自由な色使いに。
ogaki_minimakerfaire201612

ワンコだから茶色っぽくとか考えず、フリーダムに思うがままに着彩。ちなみに目が黒くないのは自由さからではなく、絵の具切れによるものですw
ogaki_minimakerfaire201613

こちらも完成!
ogaki_minimakerfaire201614

塗ってないものとの比較。やはり色があると華やぎますな。
ogaki_minimakerfaire201615

カブトも修正。西洋甲冑っぽさがマシマシ。
ogaki_minimakerfaire201617

ダンボールを切り終えて、見本を作っても、それだけでは製品になりません。

不特定多数の人がキットを組み立てられるようにするためには、説明書が必要。

レーザーカッターで切ったダンボールを触っていると、手が黒くなることを注意事項として書いたり、組み立て方法はイラストを多めに使ってわかりやすくしたりと、考慮すべきことは山盛り。

幸い過去に取扱説明書を作る仕事をしていたことがあるので、作り方はわかっていましたが、わかるがゆえに手が抜けず時間がかかるという…w
ogaki_minimakerfaire201618

説明書ができたら、今度はダンボールとともに袋詰。

イベント前日の夜にひたすら袋に詰めていたんですが、ここまで来るとようやく製品っぽくなりますね。
ogaki_minimakerfaire201621

本当は表紙絵のようなものを作りたいところでしたが、今回は時間的に無理でした。

ダンボールアーティストという肩書ですが、実際には様々な仕事をしており、その傍らでの準備だったのでそりゃもう大変ですよ(笑)

次回はイベント当日の模様をお伝えします!

つづきはこちら。
Ogaki Mini Maker Faire 2016は大盛況!ダンボールアートも好評でした!




ogaki_minimakerfaire20165

ABOUTこの記事をかいた人

ダンボールアーティスト/ブロガー。会社員だった2014年にテレビ局、ディズニーからダンボールアート制作の依頼を受ける。2015年からは独立し、ダンボールアート制作、ライティング、プロダクトデザインなど多方面で活動中。詳しくは、プロフィール・実績をご覧くださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です