Ogaki Mini Maker Faire 2016で販売するダンボールアート作品公開!

ついに今週末、2016年12月3、4日の土日にOgaki Mini Maker Faire 2016が開催されます。

イベント開催前日というギリギリすぎるタイミングですが、当日販売予定のダンボールアート作品をご紹介します!

Ogaki Mini Maker Faire 2016で販売予定のダンボールアート作品

Ogaki Mini Maker Faire 2016で販売予定のダンボールアート作品の写真はこちら(販売品に色は付いていません)。
cardboard_ommf20161

全て組み立てキットとして販売します。

いずれも20個程度の限定販売となります。

伝説の剣

君も伝説になれる!かもしれない、伝説の剣です。
cardboard_ommf20164

柄の一番下は太陽、対極の円は月を表しています。鞘の部分はそのエネルギーの波動というイメージ。

ピッタリの寸法で作ってあるので、鞘への収まりもかなり良いです。予価は2,000円(税込)。
cardboard_ommf20163

伝説のカブト

伝説の剣とセットで楽しんで欲しいのが、伝説のカブトです。かぶって遊べます。
cardboard_ommf20162

西洋の甲冑をイメージしていて、フェイスカバーは開閉できます。予価は2,000円(税込)。

伝説のフォトフレーム

もはや何が伝説なのかわからないのですが、とりあえず伝説です。

ワンコとモンスターをイメージしてデザインしています。

ワンコの着彩サンプルはこんな感じ。
cardboard_ommf20165

こちらはモンスターのサンプル。
cardboard_ommf20166

支えの部分の組み立て方次第で、スタンド式にも、壁掛け式にもできます。

こちらはワンコとモンスターのセットで、予価は1,000円(税込)。

いまどきデジカメ全盛の時代なので、写真をプリントすることも少ないと思いますが、このフレームのためにプリントしてみても良いし、色を塗って飾っておくという楽しみ方でも良いと思います。

ダンボール組み立てキットで作る楽しさを知って欲しい

最近の子どもは漫画やゲームばかりな印象もありますが、外で遊んだりとか、ダンボールで何かを作ったりとかするのが嫌いというわけではないと思います。

近所ではいつも子ども達がボール遊びをしているし、先日もガレージを開けたときに近くにいた子どもにダンボールアートを見せたら、興味津々でした。

親子でダンボールアートの組み立てなんかをしたら、きっと楽しめるんじゃないかな。

今回用意した組み立てキットのうち、剣とフォトフレームは、平面のダンボールを接着剤で貼り合わせるだけ。

カブトは折り曲げる必要があるので、少し難しいけど、部品点数はわずか5つなので、大人であれば問題ないはず。

自分で梱包用のダンボールを切って、新しい部品を作ってカスタマイズするとか、自ら考えて、色々な方法で遊んでもらえたら嬉しいです。

そんなわけで、ぜひ、Ogaki Mini Maker Faire 2016に足を運んでくださいね!

Ogaki Mini Maker Faire 2016

開催日:2016年12月3日(土)、4日(日)
場所:ソフトピアジャパン・センタービル(岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7)

Ogaki Mini Maker Faire 2016




cardboard_ommf20165

ABOUTこの記事をかいた人

ダンボールアーティスト/ブロガー。会社員だった2014年にテレビ局、ディズニーからダンボールアート制作の依頼を受ける。2015年からは独立し、ダンボールアート制作、ライティング、プロダクトデザインなど多方面で活動中。詳しくは、プロフィール・実績をご覧くださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です