積層ピッチ0.05mmで3DプリンタMAESTROの「2ランク上」の実力を体感!

しばらく3Dプリンタのことを書いていませんでしたが、その後も微調整を繰り返していました。

今回はMAESTROの最高精度である「積層ピッチ0.05mm」でテストプリントしてみましたが「2ランク上」の実力を感じさせる素晴らしい結果でした。

これまでのお話は以下のリンクでご覧いただけます。

3Dプリンタで2つ目のモデルデータがプリントできずハマってしまった

3DプリンタMAESTROのテスト開始!大きな造形物が高い精度でプリントできた!

3DプリンタMAESTRO、説明書を見ながら組み立て完了!

「2ランク上の3Dプリンタ」MAESTRO(マエストロ)を購入しました!

サポート材なしでツルツルのモアイがプリントできた

積層型の3Dプリンタは、設定で「積層ピッチ」というものを変えられます。

積層ピッチとは、3Dプリンタの材料であるフィラメントを積み重ねるときの厚みです。

細かくするほど精度は高くなりますが、プリントに時間がかかります。

また、どこまで細かくできるかは3Dプリンタによって変わります。

「積層ピッチ0.05mm」とは、1mmの1/20です。

同一価格帯(20〜30万円程度)の3Dプリンタであっても最高精度0.1mm(1mmの1/10)というものもあり、MAESTROの実力の高さが伺えます。

一度その実力を体感したいと思い、積層ピッチ0.05mmでサンプルのモアイをプリントしました。

こんな感じで少しずつフィラメントが積み重なっていきます。
moai_maestro3d1

ようやくモアイの底面が形になってきました。ほとんどプリントできていないように見えますが…
moai_maestro3d2

すでに40分経過しています。
moai_maestro3d3

まだ、顎も見えませんが…
moai_maestro3d4

すでに2時間が経過。
moai_maestro3d5

徐々に形になっていくモアイ。
moai_maestro3d6

3Dプリンタに詳しい人なら気付くかもしれませんが、サポート材が一切ありません。
moai_maestro3d7

モアイ完成!温泉に浸かっているようですw 高さ約7cmで、5時間半ほどかかりました。
moai_maestro3d8

精度の高さはご覧のとおり。ツルッツルです。
moai_maestro3d9

moai_maestro3d10

頭の部分が何か変な感じになっていますが、まあ、この程度はしょうがないかな。ヤスリで処理すれば問題なさそう。
moai_maestro3d11

もう少しアップにしても、ツルツルさがわかると思います。
moai_maestro3d12

精度を高くすれば時間はかかりますが、サポート材なしでここまで綺麗に出せるのなら満足です。

この調子でドンドンいってみよっと。









moai_maestro3d12

ABOUTこの記事をかいた人

ダンボールアーティスト/ブロガー。会社員だった2014年にテレビ局、ディズニーからダンボールアート制作の依頼を受ける。2015年からは独立し、ダンボールアート制作、ライティング、プロダクトデザインなど多方面で活動中。詳しくは、プロフィール・実績をご覧くださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です