Wemakeのダンボール家具プロジェクトに投稿!投票よろしくお願いします!

Wemakeというサービスの「オープンデザインを活用したダンボール家具プロジェクト」にコンセプトを投稿し、事前審査を通りました!

7月6日(月)から行われるユーザー投票の上位5点とメーカーにピックアップされた数点が次のステップに進めます。

ご協力(投票)をお願いします!(>_<)/

Wemakeとは?

唐突過ぎて何だかわかりませんよね(笑)

Wemakeは株式会社A(エイス)が運用するサービスで「商品コンセプトと技術力のあるメーカーを結び、ユニークな新商品をつくるプラットフォーム」です。
ユニークな新商品をつくるプラットフォームWemakeは商品化を目指したデザインを募集しています

メーカーがWemakeで公表したお題(プロジェクト)に対して、ユーザー(デザイナー、エンジニア、個人など)がコンセプト(新しいアイデア)を投稿し、様々な審査を経て商品化を目指します。

Wemakeを通して、メーカーは複数のユーザーから幅広く商品コンセプトを募ることができ、ユーザーはメーカーの力を借りて自身のアイデアを現実化する機会を得られます。

ユーザーは興味のあるプロジェクトに自身のコンセプトを投稿すると、Wemakeと主催メーカーによって事前審査が行われます。

事前審査を通過したコンセプトはWemake上で公表され、ユーザー投票が多かったもの、またはメーカーにより選ばれたもの数点に絞りこまれます。

その後にメーカーや投票したユーザーからの意見を元にコンセプトの改善が行われ、商品開発が行われるコンセプトが正式に決定します。

Wemakeは始まったばかりの新しいサービスで、初回のプロジェクトはWemakeが主催しています。

今回のダンボール家具プロジェクトは、メーカーが主催する初めてのプロジェクトになるようですが、今後、様々なメーカーがプロジェクトを主催することが期待されます。

ダンボール家具プロジェクトの概要と投稿した2つのコンセプトについて

「オープンデザインを活用したダンボール家具プロジェクト」は、王子産業資材マネジメントが主催です。

以下、Wemakeに掲載されているテーマ概要からの抜粋です。

本プロジェクトは使い手が自らの生活にあわせて改変をしやすいダンボール、中でもより家具に適したハイプルエースという素材を用いて、オープンにデザインを行い、新しい家具のかたちを商品化する取り組みです。
生活者のニーズを見つめ直した、ダンボールだからこそ活きるコンセプトをお待ちしております。

ハイプルエースは非常に強度の高いダンボールで、軽量でありながらも従来のダンボールよりも丈夫であるため、応用範囲が広いです。

プロジェクトの概要は次のページでご覧いただけます。

オープンデザインを活用した新しいダンボール家具 - 開催にあたって

いわいが投稿した2つのコンセプトの共通点は次のとおりです。

  • ダンボールで作る必然性があること
  • 女性や子どもでも簡単に組み立てられる(または利用できる)こと
  • ハイプルエースという素材の特性を活かしたものであること

既存のダンボール製品は、ダンボールである必然性に欠けるものが多いと感じています。

常設して使うものは木製、金属製の方が耐久性も見栄えもよく、ダンボールには向いていません。

また、見栄えは良く、ダンボールでも良いと思える製品でも強度を出すために複雑に折り重ねていたり、簡単そうに見えても、強い力で押し込まなければ組み付けられないものがあり、そのようなものも難があります。

折角、軽量な素材であっても、組み立てが難しいのでは利用者に優しくありません。

これらを踏まえ、ハイプルエースという素材の軽さと強度を活かした「空き箱ストッカー」と「簡単組み立て机」というコンセプトを考えました。

家庭の空き箱を保管するための「空き箱ストッカー」

「空き箱ストッカー」は、通販などで増えてしまうダンボールの空き箱を収納しておくものです。

ネットで買い物をしていると、あっという間に空き箱が増えますが、マンションなどの限られたスペースでは、これらの置き場に困ります。

空き箱ストッカーなら、これらを最小限のスペースに収納でき、リサイクルに出すときも簡単に縛れるようになっています。

家庭の空き箱を保管するための「空き箱ストッカー」

stocker1 stocker2 stocker3

誰でもすぐに組み立てられる「簡単組み立て机」

「簡単組み立て机」は、転勤族や被災地など、短期的かつ突発的な用途を想定した机です。

ハイプルエースの素材特性(丈夫さ)を活かして、通常のダンボールでは実現できない簡単な構造を考えました。

正直に言うと、最初に空き箱ストッカーを考案したときに「家具として扱ってもらえないかも」という不安を感じて、机の方を考えました(笑)

とはいえ、自身で考えた前提条件にしっかりと基いて考えたものです。

誰でもすぐに組み立てられる「簡単組み立て机」

desk1 desk2 desk3

7/6(月)〜7/12(日)、Wemakeで投票をお願いします!

公開されているコンセプトは、7/6(月)からのユーザー投票の上位5点と、メーカーが選んだ数点に絞り込まれ、商品化を決める最終審査に進みます。

投票期間は7月6日(月)〜7月12日(日)の7日間です。皆さんの投票によって、最終審査への道が開けます!

Wemakeには、FacebookかTwitterのアカウントで登録可能です。それらのアカウントが無い場合もメールアドレスとパスワードで新規登録できます。

ご支援よろしくお願いしま〜す!(>o<)/ 追記:皆様に投票していただいたお陰で最終フェーズに進みました。ありがとうございました!
[御礼]Wemakeのダンボール家具プロジェクトで最終フェーズに進みました!









stocker1

ABOUTこの記事をかいた人

ダンボールアーティスト/ブロガー。会社員だった2014年にテレビ局、ディズニーからダンボールアート制作の依頼を受ける。2015年からは独立し、ダンボールアート制作、ライティング、プロダクトデザインなど多方面で活動中。詳しくは、プロフィール・実績をご覧くださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です