SIMフリーiPhone用のデータ通信SIMは「BIC SIM」が最強っぽい!!

安い、速い、無料WIFIも使えるBIC SIM!!

先日データ通信SIMは、U-mobileが良さげというお話を書いたわけですが、10月1日からは、IIJmioの、みおふぉんというサービスが、お値段そのままで、一ヶ月のデータ量がなんと倍増!!

みおふぉんが一番お得!!と思ったら、みおふぉんのサービスに無料WIFIまで付いた「BIC SIM」なるサービスがあることがわかりました!!

ネタ元は、おまスキャさんのこちらの記事。

SIMロックフリーiPhone 6で使うMVNO(格安SIM)候補リスト比較と検討結果

ブログを書かれている牛嶋さんも、このたび、SoftbankからSIMフリーiPhoneへの乗換組なんですが、乗り換えに際して、音声通話付きデータ通信SIM提供各社(長いw)のサービスを比較していらっしゃいます。

牛嶋さんは、みおふぉんを選ばれていますが、上の記事の最後の方に、次のようなコメントがありました。

というわけでIIJmioへのMNP手続きを済ませたのですが、同じIIJmioのサービス+Wi2まで含めて同料金の「BIC SIM」なるものがあると後になって知り、ちょっと涙目。。。

BIC SIMもWi2も知らなかったのですが、確認したところ、BIC SIMは、その名のとおり、あのBIC CAMERA(ビックカメラ)が提供しているデータ通信SIMです。

どうやら、IIJmioが、SIMをOEM提供しているようです。なので、SIM自体は、みおふぉんと全く同じ。


さらに、ビックカメラが独自にWi2という無料のWIFIサービスも付けているので、その分、みおふぉんよりもお得というわけです。Wi2についても、牛嶋さんのブログに書かれていました。通常なら、月額400円弱ぐらいのサービスです。

Wi2:月額380円で街じゅうにあるWi-Fi(公衆無線LAN)が使える神サービス!

Wi2のウェブサイトは、こちら。

Wi2 300公衆無線LAN

3大キャリアでの契約の場合、各社が提供する無料のWIFIスポットが使えるわけですが、BIC SIMなら、そちらと同様に、全国各地の無料の無線LANスポットが使えます。

データ通信SIMは、安いプランの場合、通信量の上限が低いため、ちょっと気を付けて使わないと速度制限されてしまうこともありえますが、無料のWIFIスポットをうまく活用することで、節約できそうです。

ということで、BIC SIMのことを教えてくれた牛嶋さんには、心より御礼申し上げます。後出しじゃんけんぽくて、ごめんなさいw

Softbankの契約更新まで、まだ2ヶ月程度ありますが、いわいは、BIC SIMを選ぶことになりそうです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です