SoftbankでiPhone5利用中だけど、たぶん、SIMフリーiPhone6にする理由

iPhone6yoko

いわい(@iwai)です!!現在、SoftbankでiPhone5でございます。

iPhone6は、そのまま機種変更が賢い?とも思ったけど、2年利用前提なら、SIMフリー端末+安価なSIMの方がコスパ良さげな感じというのが、今のところの結論です。

注意
消費税は、現在8%ですが、2015年10月からは10%になる予定です。記事では、各種金額を、現在の消費税率で計算して、税込として書いていますが、今からの2年間で、途中、消費税率が変わり、支払総額も変わると思われるのでご注意ください。
注意
また、3大キャリアが割引競争になっており、割引金額は今後も変わる可能性があります。金額は、本記事を書いた2014年9月17日時点の情報となります。あと、計算間違ってたら、許してね!!w

現在、夫婦ともiPhone5(Softbank)を使っていて、2台分で、ザックリ、毎月17,000円(税込)です。ツマは16GBで、端末代は実質無料。いわいは、32GBなんで、毎月、ちょこっと払ってます。

2年縛りで考えると、17,000円x24=408,000円(税込)。結構、払ってますな…汗

iPhone5からiPhone6に機種変更した場合の金額

iPhone6に機種変更した場合の、2年間の総額は、Macお宝鑑定団さんが、詳しい情報を掲載されていました。

Apple StoreのiPhone 6・iPhone 6 Plus SIMフリーモデルと、各キャリアモデルとの2年間総支払額比較

こちらによると、Softbankで、現在の料金プランである「ホワイト(i)プラン」のまま機種変更して、iPhone6(16GB)にした場合の2年間の総額は、184,610円(税込)です。

2014年9月17日現在、Softbankは、iPhone6(16GB)に機種変更した契約者に対して、「タダで機種変更キャンペーン」なるものを実施しています。この分を含めて計算するとどうなるんだろ?と思ってたら、Softbank公式サイトに「お支払いシミュレーション(Softbank)」なるページがありました。

条件を選んでいくただけで、支払総額が自動計算されます。これは便利と思ったら、iPhone6には、まだ、対応しておらずorz

ガックリしてたら、携帯総合研究所というブログに、料金シミュレータが公開されていました。旧料金プラン対応版もあります。これはありがたい。というか、Softbankガンバレ!!

iPhone 6/6 Plusの料金シミュレーターを作った!今度は旧プラン版!

いわいの条件でシミュレーションしたところ、2年間の総額は、160,800円(税込)という結果に。不具合あるかもと書かれているのと、Softbankが割引プランの変更をしてたりするので、概算でこれぐらいと捉えておきましょう。

SIMフリーiPhoneと格安SIMを利用した場合の金額

SIMフリーiPhone6(16GB)の端末代は、73,224円(税込)。これに組み合わせて使うSIMですが、今使っている電話番号をMNPして、そのまま使えるものがあり、そちらを使う前提で考えます。

Macお宝鑑定団さんでは、SIMフリー端末(16GB)で、U-mobileの通話プラスSIM(1GBと5GBのデータ通信プラン)を利用した場合の料金を掲載しています。

U-mobileの通話プラスSIMには、3GBのプランがありますが、毎月2GB程度の通信料のいわいにはこれが良さそう。こちらにした場合の2年間の総額は、124,545円127,785円(税込)※になります。Softbankで機種変更した場合と比べて、36,000円33,000円ぐらい差がつきます。

Softbankは、iPhone6(16GB)は、端末代実質無料だし、さらに機種変更による割引もあります。なのに、7万円以上のSIMフリーを買った方が安いということは、端末を無償提供しても、利益が出せるだけの通信料になっているってことなんでしょうね。

注意
訂正(2014年9月18日):U-mobileに新規申し込みフォームから契約する場合に必要な登録事務手数料3,240円(税込)が含まれていなかったため、訂正しました。申し訳ありませんでした。

Softbankで機種変更する場合の利点と注意点

3大キャリアとも、通話料定額プランの契約が、今後は必須になります。あまり通話しない人にとっては、不要なものを強制させられることになり、厳しい状況です。

現在は移行期にあるため、旧来のプランがそのまま継続できます(各社、年内のどこかで契約を打ち切るようなのでご注意を)。Softbankであれば、ホワイトプランが2014年11月までは契約可能です。

通信プランがややこしく、割高と思えるキャリアですが、オプション加入により、家族同士の無料通話が利用できるという利点があります。

注意点としては、すまコジさんのブログにイロイロと書かれていました。

iPhone 6/6 Plusを機種変更契約する時の注意点【docomo・au・SoftBank編】

iPhone3Gからは、Softbank一筋ですが、機種変更すると2年縛りがリセットされるのって、当たり前に思っていましたが、Softbankだけだったと初めて知りましたよ…

また、スマホファミリー割なるものがあって、加入は無料だけど、後日、料金や違約金が発生したりするらしい。こういうのは、これまで一切、加入してこなかったし、まあ、問題ないかな。

SIMフリー端末の利点と注意点

SIMフリー端末とデータ通信SIM(U-mobileの場合)の組み合わせなら、2年利用という前提で、総額が3.6万円3.3万円ほど安くなります。

SIMフリー端末なら、SIMを入れ替えることで、海外でも使えるし、2年という契約の縛りもありません(U-mobileの場合、最低利用期間は、6ヶ月)。3年、4年と使うことで、さらに費用対効果が高くなります。

新機種に乗り換える際も、どのキャリアでも使えるSIMフリー端末であれば、付加価値が高く、将来、中古市場でもキャリアのロックがかかったものよりも高値が付くでしょう。

注意点としては、家族通話無料のようなオプションが無いこと、これまで使っていたキャリアのメールアドレスは使えなくなること(これは、MNPでキャリアを変更した場合も同じ)などが考えられます。

契約について考えることから開放されるのがSIMフリー最大の利点!!

Softbankの2年契約が満了するのが、2014年11月なので、いま、焦って契約変更する必要は無く、11月までには、SIMフリー端末を使った人の様々な情報も出てくると思うので、もう少しだけ様子を見ます。

でも、今回の記事で書いているように、機種変更の損得を考えるのは、もう本当に面倒です。まあ、大した金額差でなければ、考えている時間のほうが勿体無いので、それほどイロイロ調べようとは思いません。

これまでも、そのように考えて、ずっと、Softbankで機種変更してきました。ただ、アップルがSIMフリーiPhoneを扱うようになり、2年単位で考えると、費用的に数万円も抑えられるようになりました。

そして何よりも、一度、SIMフリーにしてしまえば、今後は契約変更について考える煩わしさから開放されます!!U-mobileのSIMの場合だと、最低契約期間も6ヶ月なので、それを過ぎれば、いつでも他のサービスに変更可能です。

そんなわけで、いまのところは、SIMフリーiPhone6(16GB)で良いかなと考えています。

キャリア契約、SIMフリー端末の金額や注意点のまとめ

今回、いわいにしては記事が長くなってしまったので、情報をまとめておきます。ご参考まで。

前提:Softbank iPhone5からの乗り換え/2年間の支払総額/iPhone6(16GB)の端末代込み

  • iPhone6(16GB)に機種変更(割引含む)=160,800円(税込)
  • SIMフリーiPhone6(16GB)+U-mobile通話プラスSIM(3GB)=124,545円127,785円(税込)※
注意
訂正(2014年9月18日):U-mobileに新規申し込みフォームから契約する場合に必要な登録事務手数料3,240円(税込)が含まれていなかったため、訂正しました。申し訳ありませんでした。

Softbankで機種変更する場合の利点と注意点

  • 家族通話無料のオプションがある
  • キャリアのメールアドレスが使える
  • 契約プランが複雑でわかりにくい
  • 2年間契約の縛りがある
  • 2年間の総額は、SIMフリーiPhone+データ通信SIMよりも高くなる

SIMフリーiPhone+データ通信SIMの利点と注意点

  • 家族通話無料のオプションはない
  • キャリアのようなメールアドレスがない
  • 契約が明快でわかりやすい
  • 最低契約期間は6ヶ月間
  • 2年間の総額は、Softbankより安く、それ以上使えば、さらに費用対効果が高い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です