iPhone5(32GB)をiPhone6(16GB)に変更する理由とその前にやるべきこと!!

iphone6-select

iPhone6(16GB)希望のいわい(@iwai)です!!予約はまだだけど。

いま使っているのがiPhone5(32GB)なので、容量が半分になっちゃいます。なぜ、16GBなのか?その前に何をやっておくべきかについて書いてみたよ!!

iPhone6(16GB)を選ぶ理由

いわいが、iPhone(16GB)でいいや!って思ったのは、次のような理由からです。

  • 容量が多いモデルは、価格が高い
  • いつも最小限のアプリしか使っていない
  • 無駄なアプリやデータを削減する意識を、いま以上に持てる

パソコンにせよ、iPhoneにせよ、容量があって困ることはありません。でも、容量が多ければ、お値段も上がります。

これまでは、なんとなく、16GBでは少ないと思い、少ないよりは多い方をということで、32GBのiPhoneを選んできました。

それは確かに正解で、とりあえず、いっぱい音楽を入れていたり、写真を削除したりしなくても問題はありませんでした。

でも、写真は毎日のようにMacにつないで保存しているから、iPhoneからはすぐに消せるし、音楽も無くてはならないような人ではないので、もっと削っても大丈夫。

また、ゴチャついたのはキライなので、そもそも、アプリも最低限のものしか入れていません。そう考えると、なんとなく32GBにしてたのは、怠慢だった部分もあるんですよねー

なので、ちゃんと管理しさえすれば、16GBでも十分という結論に至ったわけでございます。

iPhone6(16GB)にするために行ったこと

まずは、いま、どれぐらいの容量を使っているかを確認してみました。標準で入っている「設定」のアプリを開き、「一般>使用状況」と進むと、現在、使っている総容量と、アプリ別にどれだけの容量を使っているかが確認できます。

確認したところ、全部で20GB以上は使っていましたが、中でも特に容量を使っていたのは、音楽、写真、ビデオで、これらは全て、GB単位で容量を使っていました。

写真は、容量に余裕があるのをいいことに貯めまくっていたため、一部を除いて全て削除。フォトストリームもオフ。ビデオは、見終わったものだったのでこちらも全削除。

音楽は結構少ないつもりでしたが、それでも5GB以上はありました。まあ、アルバムを何枚も入れておくと、これぐらいはすぐ使ってしまうようですね。ザクッと削りましたが、それでも、3.5GBぐらいは残りました。

でも、やっぱり、音楽はいまこれを聞きたいってときに入ってないと、ちょっと残念かな〜ということもあるし、更に容量を減らすためにも、iTunes Matchを検討中。

iTunes Matchなら、全曲をいつでもクラウドからストリーミングで聞けるし、iPhone内に音楽を保存しておく必要がなくなるので、良さげ。その分、通信量が増えたりしそう。

でも、ストリーミングだと、インターネット接続によって、バッテリーも消費するような。まあ、年間3,980円なので、一度、試しに使ってみる予定。

仕上げは、あまり使っていないアプリをバッサリ削除。後から、どうしても使いたくなったら、ダウンロードもできるし。

結果、あっさり、16GBを下回りました。画面もスッキリしていい感じ。

少し前に、お掃除本みたいなのがブームになりましたが、あれと同じで、バッサリと捨てるのがポイント。いわいは、そういうのが得意なので、何の問題もなく情報を削減できました。

あと、やはり、容量をより多く消費しているものから対策していくと良いですね。細かいのをイッパイ消すより効率的です。

キャリアでの契約の場合、16GBのiPhone6なら、各社とも実質無料で提供されるため、データをより少なくして、お財布にやさしい、16GBのiPhone6を使うことをオススメします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です