リコーの360度カメラTHETAで撮った写真をGoogleマップのストリートビューに埋め込める!!

昨日、アップルップルのかずみちさんに教えてもらったんですが、リコーのTHETA(シータ)ってカメラで撮った360度写真を、Googleマップのストリートビューに埋め込めるんだそうです!!

リコーの「360度カメラ」THETA(シータ)

リコーの「THETA(シータ)」という、ちょっとおもしろいカメラがあります。見た目はこんな感じ。

created by Rinker
リコー
¥25,568 (2020/01/10 19:58:18時点 Amazon調べ-詳細)

これの何がスゴイかって、どこを向けて撮っても360度の写真が撮れるんです。

言葉だと説明しづらいのですが、見たら一目瞭然。

シータのウェブサイトで実際に撮影された写真を見ることができます。

RICOH THETA

友達のごりゅごさんがシータを持っていて、わかりやすく解説してます。
シャッター1つで360°全部の写真が撮れるカメラ リコーTHETAの初日レビュー

シータで撮ってGoogleマップに埋め込み!!

で、ここからが今回の本題。シータで撮った写真を見てもらうとわかりますが、これって何か似てませんか?

シータで撮った写真って、Googleマップのストリートビューと同じようにぐるぐると360度見渡せます。

これだ!って後から気付いたのか最初から計画していたのかはわかりませんが、このカメラを使ってGoogleマップのストリートビューに屋内写真を埋め込もうってことをリコー自体が勧めています。

MEMO
リコーのウェブページが削除されていたので、リンクを解除しました。

実際にどうやるかは上記のページに書かれているので興味のある方はご覧ください。

シータでないとできないってわけではなくて、Googleに、皆で360度画像を撮ってストリートビューに埋め込もうぜ!ってコンテンツが用意されてました。

ストリートビューを手軽に作成

上記のページでは何枚か写真を撮ってアプリで360度画像が簡単に作れるよってことを説明していますが、シータならボタン一発で360度画像が撮れてしまうのでラクチンですね。

シータを使ったかどうかは不明ですがGoogleマップに独自に作った画像を埋め込んだっぽいのが、下北沢オープンソースCafeのビュー(こちらも、かずみちさんに教えてもらいました!)。

下北沢オープンソースCafeの入口。ここまでは通常のストリートビューっぽいんですが…

google_indoorview1

さらに中まで入ってぐるぐると見渡せます!!

google_indoorview2

カフェとか美容室とか店内の様子を見えるようにしておくと、検索されたときに訴求力が上がりますね。汚いお店は逆効果かもですが…w

google_indoorview3

ストリートビューに自分で撮影した画像を埋め込めるなんて知らなかったので、とても画期的に感じました。

Googleは自社のコンテンツが充実するし、リコーはシータ購入の動機付けができるし、コンテンツを作った人は宣伝したい施設の訴求力を上げられそうだし、皆に利益がある、うまい仕組みだなと関心しました。

シータ欲しくなりますなw

created by Rinker
リコー
¥25,568 (2020/01/10 19:58:18時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です