Google Analyticsから自分のアクセス情報を除外する方法

Google Analytics の計測結果をより正確に

Google Analytics を会社や個人で使っている方は多いと思います。

しかし、運用側は頻繁にウェブサイトを確認しますよね?

Google Analytics は、そんな自分自身のアクセスも記録してしまいますが、PV などを正確に知るためには運用者のアクセス情報は不要です。

そんなときは「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」をインストールすれば、自身のアクセス情報を Google Analytics から除外できます。

Google アナリティクス オプトアウト アドオンの導入方法

では、早速、Google アナリティクス オプトアウト アドオンの導入方法をお伝えします。

Google アナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード

Google アナリティクス オプトアウト アドオンは、次のページからダウンロードしてください。

Google アナリティクス オプトアウト アドオン

Google アナリティクス オプトアウト アドオンをインストール

ページにアクセスしたら、ダウンロードボタンを押します。

ファイルがダウンロードされたら、インストールしてください。
google_optout_3

以上。終わってもうた…

あっけないほど簡単にインストールは終わるのですが、ちゃんとインストールされているか、見た目だけではわかりません。

インストールされているかどうかは、ブラウザの機能拡張のページを見れば確認できます。

アドオンの停止や削除も、こちらでできます。

私の場合、Mac で Safari を使っていますが、次のようになってます。

safari_extension

Safari のエクステンションに追加されてます

以上、Google Analytics 初心者のための情報でした!

お役に立てれば幸いです〜

4 COMMENTS

いわい

こんにちは!管理人のいわいです。

丁寧にコメントを残していただき、ありがとうございます!このような好意的なお言葉をいただけると、大変励みになります。

お役に立てたなら、幸いです(^o^)

返信する
テト

なるほど、アナリティクスの除外設定がうまくできなかったので助かりました。見やすい記事で参考にもなりました。ありがとうございました。

返信する
いわい

テトさん、こんばんは。管理人のいわいです。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

お役に立てたようで、良かったです!(^o^)/

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です