クリンスイの浄水カートリッジは3本パックより2本パックの方が単価が安かった

キッチンで使っているクリンスイ浄水器のカートリッジに、単価が安いものがあると気付いて購入してみたんですが、届いたカートリッジを見て、その理由がわかった気がしました。

価格の異なる浄水カートリッジは仕様も違っていた

こちらがいままで購入していた3本パックのカートリッジ。交換サイクルは3ヶ月ぐらいなので、3本じゃなくてもいいかなと思い始めていました。

で、2本パックのものを探したところ、約2,800円で単価は1,400円。3本パックは約6,000円で単価2,000円ぐらいだったので、1個あたり600円も差があります。

普通だったらより多く買った方が安くなるはずなのになぜ?と思ったんですが、届いたカートリッジを見て、その理由がわかった気がしました。

こちらは単語が高い方のカートリッジ。フィルターの汚れ具合を見るための窓があります。単価が安い方はこれがありませんでした。

クリンスイのカートリッジ

窓の部分は異素材だし、加工の手間も増えます。これがなければ製造工程は単純化でき、その分コストが抑えられるはず。また仕様を見ると、サイズや重さも微妙に違いました。

  • MDC03SW(安い方)サイズ : 幅60×奥行60×高さ100mm 120g
  • MDC01SZ-AZ サイズ : 幅55×奥行55×高さ95mm 140g

もしかしたら濾過性能にも違いがあるのかもしれませんが、まあそれほど大した差ではなさそうだし、交換目安はどちらも3ヶ月。

3本パックではなく、2本パックでよいかなと思って商品を探していて、偶然、仕様や価格の違いに気付いたわけですが、性能に大差がないと思われるので、これからはより安い方にしようかと思います。

なお、製品の価格はショップや時期によっても異なりますし、仕様も変わる可能性があるのでご注意くださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です