交通系ICカードの残額が確認できるICカードリーダーアプリが地味に便利

たまにしか使わないけど、交通系ICカードの残額が確認できるICカードリーダーアプリが、事前にカードに入金すべき金額を検討できたりして地味に便利です。

リスク分散のために交通系ICカードはスマホ集約していない

中部地区の交通系ICカードmanaca(マナカ)は、クレジットカードでチャージできるようになっています。カードからチャージできたら簡単だし、ポイントもたまってお得。

でもチャージに対応しているのは鉄道会社が発行するクレジットカードだけで、そのためだけにカードを作るのも面倒。いまも以前と変わらず、交通系ICカードには、駅の券売機で現金チャージしています。そんなときに役立っているのが、あらかじめICカードの残額がわかるアプリです。

いやスマホやアップルウォッチにICカードを入れてしまえば、物理カード無しでも公共交通機関が使えるし、それなら他のクレジットカードにもチャージできるでしょって思いますよね。

でもそこはあえて、まとめていません。理由はリスク分散。スマホ集約することで利便性は向上しますが、裏を返すとそれがないことでもできなくなります。

気を付けていても、スマホを紛失したり、落として壊したりすることはありえるわけで、そうなったときに公共交通機関が使えないというのは大きなリスク。特に遠方に出張しているときとか困っちゃいますよね。そんなわけで交通系ICカードは物理カードのままです。

スマホをかざすだけで交通系ICカードの残額が把握できて地味に便利なアプリ

私はマネーフォワードが提供するICカードリーダーアプリを使っています。

ICカードリーダー by マネーフォワード

ICカードリーダー by マネーフォワード

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

使い方はいたって簡単。アプリを起動して…

マネーフォワードのICカードリーダー

交通系ICカードにスマホをかざすだけ。

マネーフォワードのICカードリーダー

残額や利用履歴が一覧表示されます。データをCSVで保存したり、マネーフォワードと連携させたりすることも可能です。

マネーフォワードのICカードリーダー

事前に残額がわかると、あらかじめATMでいくらおろしておけばよいかがわかって地味に便利。本当に地味だけど(笑)交通系ICカードは物理派でクレジットカードからのチャージはしていないって人にはおすすめのアプリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です