MacとWindowsで使えて単4電池2本で約2年も持つワイヤレスキーボードK380

昨年、Windowsデスクトップを導入したときに購入したロジクールのワイヤレスキーボードK380ですが、デザインもよく機能性もあって気に入っております。

MacとWindowsで使えて電池持ちのよいロジクールのワイヤレスキーボードK380

さて昨年購入したロジクールのK380というワイヤレスキーボードですが、選んだ基準は次のようなところです。

  • デザイン
  • 薄さと大きさ
  • ワイヤレス
  • MacとWindowsで使える

長年、iMacに慣れ親しんできましたが、アップル標準のMagic Keyboardというのが薄く、小さくて気に入っています。キーがラップトップのように薄いのも好みです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥10,384 (2019/11/21 21:06:56時点 Amazon調べ-詳細)

アップル標準なのでMacとの相性は当然ながら抜群によいし、デザイン性も高いものの、Windowsパソコンで使うとなると話は変わります。微妙にキーが異なっていたりするし。

でもMagic Keyboardのようにデザイン性も高く、MacでもWindowsでも使えるキーボードなんてあるんだろうか。ありました!それが今回購入したロジクールのK380です。価格も実売で3,000円程度とお手頃。

カラーは3種類ありましたが、濃いめのグレーに黄色のキーがアクセントになっているものを選びました。箱もコンパクト。

k380

K380は、色も形もネットで見ていた感じとほぼ変わらない好みのデザイン。第一印象として悪くありません。

k380

Magic Keyboardとの比較。K380の方が少し大きめだけど、とても近いサイズ感です。

k380

厚みもK380の方が少しあるけど、この程度の差であれば許容範囲。

k380

難点は電池を入れる部分のフタがめちゃくちゃ開けにくいところ。なんか固くて壊れちゃうんじゃないかと思った。なんでこんな風にしてしまったのかわかりませんが、普通にスライドして開けられるようにして欲しい。

k380

と、やっとこさフタを開けたら、単4電池を2本入れます。驚異的なのがこの2本の電池で約2年持つということ。実際、使用開始から一年近く経ちますが、一度も電池を交換しておらず、少なくとも1年は余裕で持ちました。電池持ちに関しては、Magic Keyboardよりも圧倒的に優秀です。

k380

オンオフのスイッチはキーボードの側面にありますが、特にオフにする理由もなく、常時オンのまま。Bluetoothでスマホやタブレットでも使えるため、持ち運ぶような人は移動中はオフにしておくとよいのでしょうね。

k380

MacとWindowsで切り替えて利用できる

とても重宝しているK380ですが、複数のパソコン、スマホ、タブレットなどと切り替えて使えるという特徴もあります。

差し色になっている左上の3つのキーが切り替えボタン。長押ししてペアリングモードにして、利用する機器と接続。割り当てを行ったら、パソコンのときは1、スマホのときは2、というようにキーを押せば切り替え可能。

K380

私はMacとWindowsを切り替えて使っていますが、MacのコマンドキーはWindowsではCtrlキーにあたるなど、違いがあったりします。K380はMacとWindowsでの利用を想定していて、キーにも書かれているのでよいです。

写真右下の3つのキーは、分割線の上下で書かれている文字が異なりますよね。上はWindows、下はMacのときのキーの役割になっています。

K380

というわけで、ロジクールのワイヤレスキーボードK380は、デザイン性も高く、電池持ちもよく、そのうえ安価なのでとても気に入っています。オススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です