QNAP TS-231Pハードウェア設定編 取説が不親切でいきなり戸惑う

qnap

QNAPのNAS、TS-231Pを購入したので早速設置。製品そのものの作りはよいのですが、取扱説明書(取説)が不親切すぎて、いきなり戸惑いました。

予算内で性能が高かったQNAP TS-231Pと4TBディスクを購入

QNAPとSynology、どちらのNASを購入するかで少し迷いましたが、自身の予算内で、より性能が高い製品を販売していたQNAPを選択。詳しくは過去記事をご覧ください。

qnap or synology 自宅で使うNASはQNAPとSynologyのどちらが最適か Red HDD NAS用のハードディスクはWD(ウェスタンデジタル)REDが最強なのか

選んだのは、TS-231Pという機種。約2万円ながらホットスワップ(稼働状態でディスク交換できる)まで可能な優れもの。まあ、その機能を使うかどうかはわかりませんが(笑)

静粛性が高いという口コミも決め手の1つ。パソコンがSSDということもあり、ディスクの音がしない快適さが当然になっており、特に夜間の静かな時間にハードディスクがガリガリいうのは避けたかったです。

ディスクは保証期間が長め(3年)のWestern Digital REDシリーズの4TBにしました。

小さくデザインもよいTS-231Pだが取説が不親切すぎ

TS-231Pと2台のハードディスク。無駄のない梱包はよいですね。

QNAP TS-231P

中身はこんな感じ。本体、電源ケーブル、LANケーブルx2、ハードディスク固定用のねじ、そして取説が2種類とハードディスク。

QNAP TS-231P

2種類の取説のうち、フルカラーでサイズの大きなセットアップガイドは中身がすべて日本語。もう一冊の方は白黒で非常に多くの国の言語で併記されていました。迷わず、フルカラーの取説を参考に設定開始。

QNAP TS-231P

取説に従って、TS-231P本体をコンセントに接続すると同時に、MacとはLANケーブルでつなぎます。次に指定のソフトウェアをダウンロードしてインストール。

ブラウザに表示された指示に従い、設定を進めていきます。ここまでは順調。

QNAP TS-231P 設定画面

すると、ブラウザとは別にもう一つ画面が立ち上がりました。なにこれ?取説にも説明はありません。困惑しつつ、とりあえず無視してブラウザ側で設定を進めます。(後に異常があったときに通知を送るためのメール設定であると判明)

QNAP TS-231P 設定画面

続いて、スマートインストールガイドなるものが始まり、ウィザードに従ってポチポチとボタンを押して設定。

QNAP TS-231P 設定画面

5つぐらいのステップを経て、設定完了。複雑な入力項目などはなく、ただボタンを押して進めただけです。

QNAP TS-231P 設定画面

スマートインストールガイドの前だったか後だったか、覚えていませんが「ハードドライブが見つかりません」との表示。これは取説にも掲載されていて、ハードディスクを取り付けるようにと書かれています。

が…本体のディスク取付口の外し方や、ディスクをねじで固定し、再び本体に取り付ける手順などはフルカラーの取説には書かれていません。ただ、取り付けましょうというだけ。まあ大体わかるけど、ちょっと不親切じゃないですか?

若干、不信感を持ちつつ、本体からディスク取り付けスロットを取り外し。

QNAP TS-231P

ハードディスクを付属のねじで取り付けます。

QNAP TS-231P

方向とか逆に取り付けようはないのだけど、念のために接続部分の位置と形状を確認。

QNAP TS-231P

取り付け自体は難しくなかったけど、取説に記載がないのはおかしい。と思って、もう一冊の白黒のQuick Installation Guideを見たところ、こちらにディスクの取り付け方が載ってました!予想不可能ですよ…

そもそも設定ガイドのようなものが2冊あるのが、わかりにくい。

QNAP TS-231P

ここまでの行程でかなり不信感を持ってしまったのですが、ソフトウェアの設定では、それを深めることになってしまいました。続きは後日。

追記:続きはこちら↓

qnap-setting QNAP TS-231Pソフトウェア設定編 専門用語が難しく苦戦した