過去20年間に購入したパソコンやガジェットをさらしてみる

いままで自分が購入したパソコンやガジェットのパンフレットをファイリングしてたんだけど、スキャンして捨てるので、ついでにブログにも載せちゃうことにしました。

Power Macintosh 7100/80AV

Power Mac 7100/80av

初めて購入したパソコンがPower Mac 7100/80AVという機種。15インチぐらい?のCRTディスプレイと合わせて35万円以上したと思います。

会社の先輩が持っていた「Color Classic II」というMacを見てしまったのがきっかけ。いまやGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)は当たり前ですが、当時はパソコンの普及率も低く、実家にあった会計用パソコンは黒バックに緑文字という時代。

Macの画面に並ぶかわいいアイコンや直感的な操作は衝撃的でした。インターネットも黎明期で、本能的に強い興味を持って、大金をはたいて購入。社会に出たばかりで貯金なんてサラサラ考えていなかった(笑)

でもこれが今の自分につながっていると思うと、必要な出費だったような気がする。(正当化)

この頃のネットはモデムを使ったダイヤルアップ接続が標準で、ADSLで定額つなぎ放題なんていうのは夢のような話でした。

で、私が購入したモデルのスペックが…

  • CPU80MHz
  • メモリ16MB
  • ディスク350MB

メモリもディスクも「GB」じゃなくて「MB」っていう。これが中間スペックぐらいで、最上位機種は100万円超えてました。

いや〜パソコンは本当に超進化しましたね。

ThinkPad 315ED

thinkpad

続いて購入したのがThinkPad 315EDです。パンフレットには「ハードディスクは余裕の大容量、2.1GB」と書いてある。最新型iPhoneのメモリが4GBとからしいので、それより少ない(笑)

Macは好きだったけど、オフィスで使われているのはWindowsだったんすよね。この頃は、ようやくオフィスにパソコンやネットが普及し始めた時期。

まだ社員1人にパソコン1台という時代ではなかったものの、仕事を効率的に進めるために必要と考え、自腹で購入して仕事に使ってました。これも30万円ぐらいしたかな。

お陰で仕事は捗ったし、このときにタッチタイピングも覚えた。HTMLも少し勉強した。

Cybershot DSC-F3

cybershot

初めて買ったデジカメがソニーのCybershot DSC-F3で、現在まで続くCybershotシリーズのかなり初期段階のモデル。

驚きの35万画素!このとき100万画素の機種が出た頃だったけど、ソニーの方が遊べる機能がいっぱいあったので画素数よりも機能を優先。

カメラもコンパクトタイプのものは完全にスマホに市場を奪われましたね。当時、実売価格で5〜6万円ぐらいだったかな。うろ覚え。

EIZO L557

Eizo L557

EIZO L557は、自作パソコン用に購入した液晶ディスプレイ。いまはワイドディスプレイが標準ですが、最初はスクエア型が主流でした。

CRTから液晶に移行する時期だったため、CRTの画面サイズに合わせていたってところはあるかも。ソフトウェア的な都合もありそうだけど。

17インチで5〜6万円ぐらい。いま安い機種ならワイドの27インチとか3万円台ですよね。こちらも安くなった。

iPod nano

iPod nano

iPod nano、あったよね〜ってぐらい昔のことに感じる。なんと雑誌の懸賞に当選して無料で入手!音楽にはそれほど興味が無かったのに欲しかったんだよね(笑)

MacBook Pro

MacBook Pro

このときCG用にHPの中級機を購入したばかりだったんだけど、ウェブ系の集まりに行くとMacを使っている人が多く、昔と比べるとかなり進化していたこともあって、猛烈にMacが欲しい病にかかってしまった(笑)

届いたばかりのHPをすぐにヤフオクで売り払って、Macに乗り換え。CG用にグラボを上位版にしたので30万超え。

ラップトップにしたけど自宅で使うことが多かったので、こちらの次はiMac(Late2009)に乗り換え、現在は2代目のiMac(Late2015)が母艦。

でもiMac(Late2009)のグラボが壊れてしまったときに一体型の怖さを知ったので、次はもう一体型は買わない。

iPhone 3G

iPhone3G

そしてついに日本に上陸したiPhone 3Gですね。これ以来、4、5、6と2年ごとに乗り換えて、先頃、4年ぶりにiPhone XSになりました。信者の鏡(笑)

iPhone比較 iPhone XS注文!iPhone6から乗り換えて得るものと失うもの iPhone XS iPhone XS最高なんだけど「重さ」だけはちょっと不満

いわいのあとがき

Macお宝鑑定団のダンボさんが新型Mac Proが年内に発表され、NVIDIAのグラボ対応というサプライズがあるかもという予想しています。(14:20ぐらい)

海外生産のiPhoneは情報のリークが半ば当たり前のようになってきていますが(過剰な期待をさせないために意図的に流しているとの噂もあるけど)、現行のMac Proはアメリカ産ということで、一切情報が漏れることなく発表されて大きな話題になりました。

新しいMac Proも同じく、サプライズのような形で公表されそう。対応を諦めてCG用にWindows機を買おうとしていたけど、MacがNVIDIA対応になるのならこちらを選ぶことになるかな。

アップルは現行Mac Proの拡張性の乏しさが誤りだったことを認めて、次回は部品交換が可能なモジュール型にしてくるという話だったので、NVIDIAにも対応するとなれば拡張しながら使えそう。超期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です