スバコ|クラウドファンディング実施中!

SSDは外付けドライブにしても無音・高速でいい感じ

グラボ故障で逝ってしまったiMacからSSDを取り出し、安価なケースに入れて外付けドライブにしてみました。

バスパワーでも問題なく動作し、無音・高速でよい感じですよ。

500GB程度なら値頃感のあるSSD

私がiMac用に購入したSSDは、480GBで購入時は2万円ぐらいでしたが、同様のものが今なら1.5万円台ぐらいから入手できます。

1TBぐらいあると嬉しいところですが、それぐらいの容量になると3万円以上。半分の容量が約1.5万円なので、容量が増えた分だけ価格も高くなるってことですね。

SSDは壊れると一瞬でデータが飛んでしまい、HDDのように復旧することも極めて困難ですが、読み書きのスピードが速いことと無音であることが魅力です。まあ使い分けですね。

普段からバリバリ使うデータはSSDに入れておいて、バックアップはHDDとクラウドにしておけば安心できます。

小さくて持ち運びも簡単なので、値頃感のある500GBぐらいのSSDが1台あると重宝すると思いますよ。もっと容量の少ないものであれば、1万円以下で購入可能です。

安価なケースでも快適に動くSSD

今回購入したのはinateckという聞いたことがないメーカーのSSDケース。価格は1,300円ぐらいで、中身はケース、USBケーブル、両面テープ付きのスポンジというシンプルな構成。
SSDケース

サイズはスマホぐらいで、iPhone6より縦が短く、横が長い感じ。質感はプラスチッキーですが、まあ安いし、こんなものかな。黒一色なのでそれほど気にならないけど。
SSDケース

中に入るSSDはさらに小さいです。当たりまえだな(笑)
SSDケース

ケースの中身も超シンプルで、接続端子があるのみ。ケースの開け閉めやSSDの脱着に工具は必要ありません。
SSDケースの中身

こちらはSSDに付属していた謎の部品。恐らくSSDケースに入れる場合に使えるスペーサー。
スペーサー

ちょうどこのスペーサーらしきものが収まる隙間があったので有効活用しました。
SSDケース

ケースにはオンオフのスイッチ、ランプ、USB接続口があります。
SSDケース

iMacに接続したところ。無駄のないシンプルなデザイン、コンパクトさ、静音ということなどから、机の上でもまったく邪魔になりません。バスパワーで動作するので、外付HDDのような電源ケーブルが不要なところもよいです。
SSDケース

大容量で読み書きの速いディスクが欲しいなら、500GB程度のSSD+安価なディスクケースはありですね。

私のiMacは本体もSSD搭載ですが、外付のSSDも読み書きが速くて静音、コンパクトなので、本体のSSDを拡張して使える感覚でとても満足しております。おすすめ。

いわいのあとがき

iMacが逝ってしまったのは残念ですが、SSDだけでも有効活用できてよかったです。

そんなことがなければ、SSDを外付けで使うことはなかったと思いますが、結果的にはとても使い勝手がよいことがわかり、怪我の功名かななどと前向きにとらえております。

SSDiMac Late2009のHDDをSSDに換装する方法 imac 故障画面SSD化した中古iMacが1年半で文鎮化してしまった件 imac2009ssd12iMac Late 2009のディスクをSSDに変更!まだ十分現役でいけるぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です