iMac Late 2009のディスクをSSDに変更!まだ十分現役でいけるぞ!

iMac Late 2009ハードディスクSSDに変更したところ、起動速度が最新のSSD iMacと同じ十数秒になりました!

処理速度だけなら最新版のiMacではなく、Late 2009でも十分使えると実感しました。

追記:SSD は幸せでしたが、換装してから約 1 年半後に iMac が逝ってしまいました…涙

imac 故障画面SSD化した中古iMacが1年半で文鎮化してしまった件

iMac Late 2009のディスクをSSDに変更

昨年、最新版のiMac Late 2015をSSDにカスタマイズして購入しました。

動作速度の向上はもちろんのこと、Retinaディスプレイの表示も美しく最高です。

新型iMac(Late2015)Retina5K購入!美しい画面と高速動作で超快適!

最新版のiMacを購入するまでは、iMac Late2009を使っていました。

こちらは中古として売るのではなく、引き続き使うことにしました。

まだ、それなりに性能も良いのに大した値段では売れないので、そのまま活用した方が良いと考えたのです。

メインのiMacに何かあったときの予備機にもなりますしね。

新調したiMacをSSDにしたところ、起動が超速で快適すぎたので、古い方のiMacもSSDに変更することにしました。

iMacのディスク変更は秋葉館に依頼

iMac Late 2009のディスク変更方法については、ネットでも見つけられました。

自分でもできないことはないとわかりましたが、手間と時間を考えて作業は秋葉館に依頼しました。

Mac専門店 秋葉館.com|Apple・Mac本体・周辺機器・パーツ

秋葉館ではiMac Late 2015のメモリも購入しており、対応の良さに好感があり、今回もお願いすることにしました。

最安では無い秋葉館でiMac用メモリを購入した理由

内訳は次のとおりです。

  • SSD(480GB) 19,800円
  • SSDマウンター 1,008円
  • サーモセンサー 6,912円
  • 取付手数料 12,960円

計 40,680円(税抜、その他、配送料と代引手数料が必要)

SSDはハードディスクよりも小さいため、元々、ハードディスクがあった箇所にSSDをつけると大きな隙間が空いてしまいます。

そのため、きっちりと固定するためにはマウンターが必要になります。秋葉館はこのマウンターを商品化していました。

サーモセンサーはディスクの温度を検知して冷却ファンを回すためのものです。

iMac Late 2009に取り付けられている純正のハードディスクにはサーモセンサーが内蔵されており、市販のハードディスクとは違う特別仕様になっています。

iMac本体のケーブルをサーモセンサーに接続しないと、冷却ファンが回りっぱなしになるそうです。

これは非純正の有料ソフトを使うことで制御できるそうですが、Mac OSがアップデートしたときに使えなくなったり、ソフトウェアそのものが開発終了するというリスクもあります。

サーモセンサーは結構高いのですが、後々のことを考えて利用することにしました。

上記の内訳の他にiMacの大きなディスプレイを脱着するための吸盤や、特殊なネジを脱着するための工具も購入する必要があります。

吸盤や特殊工具をこの作業のためだけに購入するのは無駄が大きく、自分で作業をすると失敗する可能性もあります。

必要部品や工具の金額を差し引けば、実質的な作業手数料はわずか数千円です。よって、作業そのものを専門業者にお願いするのが賢いという結論に至りました。

秋葉館にお願いしたところ、とても速やかに対応していただけました。

交換後に届いたSSD、サーモセンサー、マウンターの空き箱。
imac2009ssd10

SSDの箱。薄くて小さい。
imac2009ssd12

マウンターの箱。挿絵を見るとどういうものかがわかりますね。
imac2009ssd11

交換後のディスクは丁寧に梱包されていました。とりあえず、使い道がないので予備として保管。
imac2009ssd13

imac 故障画面SSD化した中古iMacが1年半で文鎮化してしまった件

空のSSDにMac OSをインストール

さて、ハードディスクをSSDに交換するという物理的な作業は秋葉館にお願いして滞りなく完了しました。しかし、新品のSSDは中身が空っぽなので、ここにMac OSをインストールしなくてはいけません。

そもそも、SSDを取り付けただけの状態ってどうなってるんだろう?Windowsマシンは自作したことがありますが、Macは初体験。

とりあえず、iMacの電源を押したところ、こんな画面が。な、なるほど(汗)
imac2009ssd1

2016年1月現在、Mac OSは無償化されていますが、iMac Late 2009を購入した頃は有償でした。

そのときのバージョンはMac OS X v10.6 Snow Leopardで、iMacにはインストール用のDVDが付いていました。

いきなり、現行の最新版OSであるEl Capitanは入れられないことがわかったので、まずはSnow LeopardをDVDを使ってインストールします。
imac2009ssd8

和洋風さんにその方法が書かれていました。ありがとうございます。こういう過去情報って貴重ですね。
Mac OS X Snow Leopardをクリーンインストールする方法。 | 和洋風KAI

Mac OSをインストールするために、MacにOSのディスクを入れて再起動し、Cキーを押しっぱなしにすると次のリンゴマークの画面が表示されます。
imac2009ssd2

最新のMacで同じ画面を表示させるためには、Macを再起動して「command + R」を押しますが、古いMacだとショートカットが違ったりするんですね。結構、ハマリどころかと思います。

言語選択画面。背景が懐かしい。
imac2009ssd3

OSインストール導入画面。
imac2009ssd4

ディスクユーティリティを選択。
imac2009ssd5

インストール先のディスクを設定。
imac2009ssd6

Snow Leopardインストール開始!あとは画面の指示に従うだけです。
imac2009ssd7

Snow Leopardを経由して、やっとこEl Capitanをインストール。ふー。
imac2009ssd9

SSD iMac Late 2009の起動速度は最新iMacと同等!

さて、ようやく使えるようになったiMac Late 2009ですが、SSDにして起動は超高速化!iMac Late 2015とほぼ同じで十数秒で起動しました。

私はRetinaディスプレイや5Kの解像度などに大きな魅力を感じてiMacを新調しました。

しかし、グラフィックや映像系のソフトなどをバリバリ使ったりするのでなければ、iMac Late 2009 + SSDでも処理性能は十分に現役として通用すると実感しました。(ちなみに、メモリは16GBまで増設してます)

iMac Late 2009には、セカンドマシンとしてまだまだ頑張ってもらわねばです(^^

imac20151

※写真はiMac Late 2009購入当時のものです。

imac 故障画面SSD化した中古iMacが1年半で文鎮化してしまった件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です