DIYでわからないことはホームセンターで聞けばよい

様々な工具や資材があるホームセンターは DIY が好きな人にとっては、とても楽しい場所です。

そしてホームセンターの店員さんは驚くほど知識が豊富なので、DIY でわからないことを聞くと大抵のことは解決します。

ドアクローザー選びに迷ってホームセンターの店員に聞いたら解決した

玄関のドアクローザーが壊れてしまい、長い間そのままにしていましたが、オイルがポタポタと床に落ち続けていたため、もういい加減どうにかせねばとホームセンターへ。

最初のお店は品揃えが少なく、別のところに行ったんですが、逆に今度は選択肢が多すぎてどれを選べばよいか迷ってしまいました。

最終的に購入したのが、こちらのドアクローザーです。
ドアクローザー

この商品、パッケージの見た目がほぼ同じものが 2 種類あって、パッと見ただけでは違いがわかりません。

で、ラベルをよく見るとドアの材質によって種類が違うことがわかりました。

うちのドアはスチール製で、ドアクローザーにもスチールドア用がありましたが、もう一種類の商品とは価格が結構違っていたので、どちらがよいのかをホームセンターの店員さんに聞くことに。

正直なところ、ドアクローザーなどという滅多に売れそうにない製品の細かい違いなど、知らないだろうなと思っていました。

ところが店員さんの商品知識は素晴らしく、私の説明に対して最適な選択肢を提示。

ラベルに書かれた「スチールドア」は一般家庭のドアではないことがわかり、私は選択ミスを回避できました。

商品についてわからないことをホームセンターで詳しく教えてもらって助かったということは、このときだけではありません。

膨大な製品についてどうやって、どれぐらいの期間をかけて知識付けしているのかわかりませんが、ただただ脱帽です。

DIY についてわからないことがあればホームセンターで聞けばよい

以前、マンションの家賃収入で億単位の収益が出ているというおばちゃんがテレビで取り上げられていました。

収益を出せるようになったポイントとしておばちゃんが挙げていたのは「できることは自分でやる」ということ。

マンションの管理業者に丸投げすれば、部屋の清掃や補修などはすべて任せっきりで済みますが、委託費を取られて自身の利益は減ります。

なのでおばちゃんはマンション管理業者には依頼をせず、掃除も補修も全部自身で行ったことによって、より多くの利益が出せたのでした。

でも壁紙を貼ったり、網戸を張り替えたりとか、そんなのをどうやって覚えたんでしょうか?その答えがホームセンターだったのです。

夫がホームセンターにせっせと資材を購入しに行って、わからないことは全部聞いて補修技術を覚えていったのだとか。

壁紙貼りが 2 時間でできるとして、壁紙や接着剤は安くとも、業者にお願いしたら人件費が必要になります。そこが一番高いんですよね。

なのでそれが自分でできるようになってしまえば、費用は大幅に削減できます。

私も何ヶ月かかけて庭のリフォームをしましたが、ホームセンターで購入したレンガや砂利代の 2 万円程度だけで済みました。

庭のリフォームにかかった時間や費用をまとめてみました!

2014.01.29

専門業者にお願いしたら、きっと何十万円コースだったのではないでしょうか。

DIY は好きだけど、どんな材料や道具が必要で、どうやってやればよいかわからないという場合、ネットもいいけどホームセンターで直接聞くとさらによくわかると思いますよ。

いわいのあとがき

ホームセンターはなんでも売ってるし、DIY 好きには本当に楽しいところです。

ついつい色々な道具とかが欲しくなってしまうわけですが、いま一番欲しいのが高圧洗浄機。

マキタがよさげなんだけど、高機能タイプは 3.5 万円ぐらい。しばらくはムリかな…









ドアクローザー

ABOUTこの記事をかいた人

ダンボールアーティスト/ブロガー。会社員だった2014年にテレビ局、ディズニーからダンボールアート制作の依頼を受ける。2015年からは独立し、ダンボールアート制作、ライティング、プロダクトデザインなど多方面で活動中。詳しくは、プロフィール・実績をご覧くださいまし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です