スマホ動画(ムービー)の縦横を回転させる超簡単な方法(Mac)

スマホで横向きに撮ったつもりの動画が、縦になっていた(または、その逆)なんてことありますよね?

でも超簡単に向きを変える方法があります。そうMacならね。

QuickTimeを使えばスマホ動画の向きを一発で変えられる

こんな感じで横で撮ったつもりなのに、縦向きになってしまった動画をスマホからMacに保存し、標準搭載されている動画再生ソフトQuickTimeで開きます。
movie_before

QuickTimeのメニューで「編集」を選ぶと、次のような選択肢が出てくるので、任意の方向を選んで回転させると…
movie_menu

動画が横になりました!
movie_after

私が使っているQuickTimeは、バージョン10.4です。

MacOSは現時点での最新版であるSierraではなく、El Capitanという1つ前のバージョン。

動画の回転方法は何年か前に調べましたが、難しい方法が多くて諦めていました。

でも知らない間にQuickTimeの標準メニュー化してたということで、きっと需要が多いんでしょうね。

ちなみにWindowsでもQuickTimeは使えますが、最新版をダウンロードして確認したところ、Mac版とはメニューの内容が異なり、動画は回転できませんでした。

またMacでも、古いバージョンのQuickTimeだと動画は回転できない場合があります。

ということで、Mac限定な情報になりますが、動画の向きが思ったのと違う!ということになってしまったときは、お試しくださいまし。

movie_after

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンボールアーティスト/ブロガー。会社員だった2014年にテレビ局、ディズニーからダンボールアート制作の依頼を受ける。2015年からは独立し、ダンボールアート制作、ライティング、プロダクトデザインなど多方面で活動中。詳しくは、プロフィール・実績をご覧くださいまし。