IIJ mioが低速通信でもほとんど問題なく使えてるので最安プランで良かった!

そもそも、MVNOとかIIJ mioってなに?


MVNOIIJ mio(BIC SIM)SIMフリーiPhoneに切り替えてから、もう2ヶ月ぐらい経ちます。

最低料金プランで契約したので、大丈夫かどうか心配だったんですが、全く問題ないことがわかりました!!

そもそも、MVNOとかIIJ mioとか、なんだかわからないという人に簡単に説明すると、次のような感じになります。

  • 携帯電話の契約は3大キャリア(docomo, au, softbank)以外とできる
  • MVNOは回線事業者から、回線を借りてサービスを提供している
  • 複数のMVNOがあり、IIJ mioはそのうちの1社
  • IIJ mioはdocomoの回線を使っている
  • BIC SIMはBIC CAMERAがIIJ mioをOEMで提供しているサービス(IIJ mioに特典をつけている)
  • MVNOのサービスを使うためにはSIMフリーの端末が必要
  • 3大キャリアは各キャリアでしか使えないようにSIMロックをかけている
  • SIMフリー端末は基本的にどの事業者のサービスでも使える(事業者が制限をかけている場合もあるので注意)
  • アップルがiPhone5sから突然SIMフリーiPhoneを投入して、SIMフリー利用者が広まりつつある印象

いきなり説明長めですが、ざっくり、こんな感じです。

知らない人にとっては、良くわからないし、面倒くさそうだから、キャリアの契約でいいやってことになってしまうと思います。

でも通話が少ない人なら2年利用でキャリア契約よりも、MVNOの方が数万円以上も安くなる可能性があります。いわいがIIJ mioを選んだ理由もまさにそこです。

MVNOはキャリアのような無料通話や通話料定額のプランは無いので、通話多めの人は、キャリアの方が良いかもしれません。(追記:その後、MVNO にも様々な無料通話プランが出てきました。)

低速通信でも、十分に使えるIIJ mio

plan_mio

やっとこ、本題。IIJ mioの通話も使えるサービス、「みおふぉん」には、次のようなプランがあります。いわいは一番安い2GBのプランにしました。足りなければ上位プランにするだけですからね。

この「2GB」というのは、これまでキャリア契約で使っていたような高速通信が使える容量。キャリアで契約している人は、専用ページで、自分が使っている通信料がどれぐらいかを確認できると思います。

IIJ mioでは無料の専用アプリを使って、高速通信と低速通信を切り替えられます。

IIJmioクーポンスイッチ

IIJmioクーポンスイッチ

Internet Initiative Japan Inc.無料posted withアプリーチ

高速通信できる容量が、毎月2GB、クーポンとして提供されていて、それを使い切るまでは、高速通信が可能。

アプリの画面は、次のようになっていて、ボタンで高速通信クーポンのオンオフを切り替えます。

miopon2

使ってみるまでは、クーポンが無くなって、低速通信しかできなくなったら、どの程度まで使えるのかがわかりませんでした。

実際にクーポンをオフにしたところ、次のような感じで、使用上ほぼ問題がないことがわかりました!!

  • クーポンをオフにしても、電話は普通に使える
  • Twitter、Facebookは、普通に使えた
  • ウェブサイトは、サイトによっては表示に時間がかかる
  • Google Mapは、時間がかかる場合もあるが、使えないことは無い
  • YouTubeのような動画は、さすがに遅くなる

印象として、さすがに動画は表示が遅いけど、テキスト主体のサービスは普通に使えます。また、Googleはさすがの技術力という感じでGoogle Mapのような重そうなサービスでも、ちゃんと使えました。少しでも表示が速くなるように最適化されてるのかなと。

そんなわけで、今後は月々1,600円(税抜)でiPhone6を使っていけそうです。できるだけ長く使って、得したい(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です