ダンボールでアイアンマン!!ボティ編!!ボディ全体をざっくり設計中!!

年内完成には黄信号な季節でございますね

前回のお話は次のページからどうぞ!
予想以上に本物っぽい!!ダンボールのアイアンマンに色をつけてみたよ!!(後編)

全国のダンボールアイアンマンファンの皆さん、こんにちは!!アイアンマン大好き、いわい(@iwai)でっす!!さて、年内に完成させるためには、少々時間も無くなってきていて、若干焦り気味ではありますが、ダンボールでアイアンマン企画はボチボチと進行中でございます。

細かい部分をどこまで作るか、さじ加減が難しいところではありますが、まず初号機を完成させることを目的にして、改良は2号機(本当にやるのかは未定w)以降で詰めて行こうかなと。

今回はCGソフトでザックリと作ったボディを作っていきます!!

こんな感じでアイアンマンのボディを作っております

まずは、以前用意したテンプレを3DCGソフトに配置します。
ironman_body_basic1

正面、真横、上などからも確認します。
ironman_body_basic2

通常は、こういう絵をテンプレートにして、立体を作っていくわけですが、ネットの広い海を泳いでいたら、アイアンマンのデータが無償配布されていました!!ドーン!!
ironman_body_basic3

でも、これで完成!!ってなるほど、世の中、スイートではありません。このアイアンマン、一見、非常に精密に作られているようですが、モデルデータ自体は、非常にシンプルな作りになっています。

ちなみに、データはTF3DMからダウンロードできます。

細かな部分はすべて、テクスチャというモデルに貼り付ける絵で表現されています。拡大するとこんな風になってます。この手法は、よくゲームの世界で使われます。3Dのモデル自体はできるだけ軽く作って、絵ですべてを表現するんですね。
ironman_body_basic5

なので、テクスチャ無しで表示させると、こんな感じになっちゃいます。テクスチャは素晴らしいわけですが、今回は最終的にダンボールで作るための設計図が必要なので、このモデルではダメなんですね。
ironman_body_basic4

ただし、立体を作る上での、あたりにはなるので、これを元に設計図を作っていきますよ!!

続きは次のページからどうぞ!
ダンボールでアイアンマン!!ボティ編!!ボディ設計の本番はここから!!

ダンボールアート記事のまとめはこちら!
ダンボールアートまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です