ダンボールでアイアンマン!!ボティ編、始動!!まずはアイアンマンの種類を調べてみるよ!!

ゴールデンウィークを利用してボディ編をスタート!!

さて、ダンボールでアイアンマンのヘッド編では、多くの皆様に喜んでもらえたようで、とってもウレシイいわい(@iwai)です!!

ヘッドの設計者トモヲさんに喜びの報告をしたことがきっかけで交流が始まり、なんとアイアンマンヘッドの3Dデータをご提供いただけました!!また、ダンボールの選び方や加工方法など、細かなご指導もいただいて、感謝感激しております。

ダンボールでアイアンマンを作る人に悪い人はいないとわかりました(笑)

この勢いでボティも作ることにしましたが、アイアンマンって、何種類ものあるので、まずは、どれにするかを選ぶためにこれまで映画に登場したアイアンマン達を一通り調べてみました。

先日紹介したホットトイズと、海洋堂のリボルテック特撮シリーズによって全てカバーできました。ただし、アイアンマン3に登場したマーク41以下多数は除きますw

IRONMAN MARK1

あ、これもラインナップに入るのね、というのが正直な感想(笑)映画アイアンマンで、トニーが洞窟で作った初号機です。これはこれで味があって良い感じなんで、いつか作っても良いかもと。
mark1hottoys

mark1

1/6スケールフィギュア アイアンマン・マーク1

IRONMAN MARK2

いわゆるあれですね、プロトタイプという感じですね。メタリックな感じがメカメカしくて好きです。
mark2hottoys

mark2

1/6スケールフィギュア アイアンマン・マーク2

IRONMAN MARK3

映画アイアンマンで活躍した、最初のアイアンマンっぽいモデルですね。
mark3hottoys

mark3

1/6スケールフィギュア アイアンマン・マーク3

IRONMAN MARK4

映画アイアンマン2で活躍したモデルです。
mark4hottoys

mark4
1/6スケールフィギュア アイアンマン・マーク4
リボルテック アイアンマン・マーク4

IRONMAN MARK5

映画アイアンマン2の冒頭で登場したのがマーク5です。レース上で、突如、戦うことになり、アタッシュケースからさっと装着した携帯用?のスーツ。他のものが金と赤が基調色なのに対して、マーク5だけは、銀と赤であることと、装甲が薄くむき出し感のある形状が他とは異質です。ただ、ダンボールで再現すると部品点数が多そうorz
mark5hottoys
mark5
1/6スケールフィギュア アイアンマン・マーク5

IRONMAN MARK6

こちらも映画アイアンマン2で活躍したモデルです。ちょっと重装甲になってますね。このモデルは、唯一胸の光るところが三角になってます。
mark6hottoys
mark6
1/6スケールフィギュア アイアンマン・マーク6
リボルテック アイアンマン・マーク6

IRONMAN MARK7

映画アベンジャーズで活躍したモデルです。こちらも重装甲ですね。
mark7
mark7
1/4スケールバスト アイアンマン・マーク7

IRONMAN MARK42

映画アイアンマン3で登場したモデルです。なんでいきなり42?っていうのは、映画を見るとわかりますよ!!これまでよりも、金色が多めに配色されていて、濃い金色が白金のような薄い金色になってます。あと、写真じゃわかりにくいけど、耳の形がこれ以前はずっと、丸かったものが、このモデルからは、ヘルメットに馴染むような形に変更されています。
mark42
1/6スケールフィギュア アイアンマン・マーク42

マッチョなものより細身の方が好きなので、マーク2とか5あたりが良いかな〜と思ったり。さて、どうしましょうかね。

ダンボールアート記事のまとめはこちら!
ダンボールアートまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です