Mac mini 2014分解に必要ないじり防止対応T6トルクスドライバを秋葉館で購入

Mac mini 2014のHDDをSSDに換装するための分解工具を秋葉館で購入。

かなり特殊なものとわかるまでに時間がかかってしまいましたよ。

T6サイズのいじり防止対応トルクス(ヘクスローブ)レンチがない!

Mac mini 2014のHDDをSSDに換装しようとしたところ、T6サイズのいじり防止対応トルクスドライバという工具が必要と判明。

普通のT6サイズトルクスドライバは持っていたけど、いじり防止対応のものは手持ちになかったんですよね。

いじり防止ネジはネジ穴の真ん中に突起があり、工具側は同じく真ん中に穴が無いとネジに工具がはまりません。この突起に対応したものが、いじり防止対応トルクスドライバ。

最初は安価なものをAmazonで購入しようと思ったんだけど、低評価コメントの中に「ネジ(またはドライバ)をなめた」というものがチラホラ。

ネジ山がいかれてしまったら、かなり難儀。しかしどうやら、いじり防止対応トルクスドライバはT6サイズだけあればよいとわかり、信頼できるメーカーのものを探し始めたんですが、このサイズがない。

1時間ぐらいAmazonや楽天、家電量販店のサイズを見ても、信頼できるメーカーがこのサイズのいじり防止対応のトルクスドライバを販売していないのです。

困った末に思い出したのが、アップル製品の分解方法を解説していることで有名なiFixitのウェブサイト。

そしてすぐにT6のいじり防止対応トルクスドライバが見つからなかった理由がわかりました。こんな極小サイズの、いじり防止対応ネジなど一般にはなく、アップルが作ったものらしいのです。

Mac mini Late 2014 Teardown | iFixit

そりゃ見つからんわね…で、iFixitは自ら対応する工具を作って販売しているんですが、なんせ海外の会社なので日本で探しても即納なものは見つかりません。

あ、もしかして…と、またまた思い出したのが秋葉館でした。

秋葉館でいじり防止対応のT6トルクスを購入

秋葉館はMacや、その関連機器・パーツなどを専門的に扱っていて、私は過去にiMac Late2009のHDDをSSDに換装してもらいました。

imac2009ssd12iMac Late 2009のディスクをSSDに変更!まだ十分現役でいけるぞ!

で、覗いてみたところありました!しかも工具がどのモデルのMacの分解に対応しているかまで書かれています。さすがや。

Mac専門店 秋葉館.com|Apple・Mac本体・周辺機器・パーツ

T6サイズのいじり防止対応トルクスドライバはAmazonや家電量販店でもありましたが、どこを見ても取り寄せ扱い。秋葉館だけが在庫あり。ということですぐに発注。

こちらがようやく手に入れたT6サイズのいじり防止対応トルクスドライバ。
T6トルクス いじり防止対応

指先と比べると、どれだけ小さいかがわかると思います。この先端の中央に穴が空いているんですよ。きちんと作られたものでなければ、強度足りないってことになりそう。
T6トルクス いじり防止対応

Amazonのリンクも貼っておきます。私が購入検討したときは、在庫を持っているショップはありませんでした。

この工具が届くやいなや、居ても立ってもいられなくなり、すぐにiMac miniのHDDをSSDに換装。1時間もかからずに作業は終わり、工具が役目を終えてしまった。

分解の方法は後日書くとして、工具はどうしようか。メルカリかな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です