一年間、ゴミを拾いながらどうやれば減らせるか考えてみた

ワンコ散歩ついでに、気が向いたときだけ道に落ちてるゴミを拾い始めたんだけど、気がついたら早一年。ほんで、どうやったら路上のゴミを減らせるんかなと考えてみた。

ゴミ拾いを始めたきっかけ

いつもワンコの散歩をしているときに、路上のゴミが気になってた。なんで道端に捨てるんだよ、コンビニで買ったものなら次にコンビニに行ったときにゴミ箱に捨てろよとか、ゴミぐらい家に持って帰れよとか。

ずーっとそんなことを思いながらワンコ散歩をしてて、他人が捨てたゴミだから自分が拾う筋合いはないと思ってたんだけど、なんかそういうのもどうなんかなと思うようになってきた。文句いうだけで何もしないやつなのかお前はみたいな。

まあいい年になると社会貢献もしたいと思って、確か7年前ぐらい前から少額ながら毎月寄付をしてるんだけど、それだけじゃお金だけで汗をかいて貢献していない感じがする。

だったら、そこらに落ちているゴミを拾ってみるというのはどうだろう。ゴミを拾うことで排水口の詰まりを防いだり、景観をよくしたりってことになって、社会貢献になるかもしれない。

なんてことを少しは考えたりしたんだけど、実際はなんかいつもの散歩道にゴミが落ちているのが嫌で、それを放っておく自分も嫌で、もう拾ってやるわぐらいの感覚。拾ってみると、ちょっといいことしてる感があって自己満足度も高い。

散歩は毎日だけど、ゴミ拾いは気が向いたときだけ。義務にすると嫌になっちゃうからね。昨年拾ったゴミの写真(ほぼ毎回撮影)が120枚ぐらいだったので、3日に1回ぐらいは拾ってたみたい。

ゴミが落ちている場所やゴミの種類

いつもの散歩道を歩いていると、ゴミが落ちている場所や、よく捨てられているゴミの種類がわかってきておもしろい。

寒い時期には使い捨てのマスクが多く落ちている。自転車に乗ってて飛ばされたものとかもあるかもしれないけど、数の多さから考えると意図的に捨てられたものが多そう。いまどきは花粉症対策でマスクする人もいると思うんだけど、春より冬場の方がマスクが多いと感じる。

スナック菓子の袋はどこにでも落ちてる。近所に学校とかあるので、学生が買い食いしてポイ捨てすることが多いんじゃないかな。買い食いは楽しいよね、でもゴミは持って帰ってくれ。

最悪なのは包装だけじゃなくて、中身も一緒に捨てるやつ。ワンコが食べてしまうのよ、こういうのを。うちのワンコは健康そのものなんだけど、原則ドッグフード以外食べさせてない。なので余計なものを食べてしまうきっかけを与えないで欲しいのだ。

タバコの吸い殻が捨てられている場所にはマスクやスナック菓子とは違って定位置がある。坂の登り口から中盤手前あたりに多い。おそらく高い場所から街の景色でも見ながらタバコを吸うのが気持ちよいのだろう。まあそれはいいんだけど、捨てるな。

信号交差点近くの歩道にもタバコの吸殻が多いんだけど、これは車から捨てたものもあると思う。

頭おかしいの?ってゴミとか、がっかりするゴミとか

昨年もっとも目を疑ったゴミは、化粧品の容器とゲーム機の箱。どっちも道端で使うもんじゃないだろうに、なぜ捨てる。化粧品は落としたのかもって思ったけど、容器の中は拭き取ったかのようにきれいに使われていたので多分違う。外側を磨く前に内面をどうにかして欲しいわ。
ゴミ

コンビニでもらった袋にゴミを詰めて、そのまま捨てていくやつもいる。だから持って帰れよ…
ゴミ

花火のゴミが排水口の奥に隠すように捨てられてたこともあった。残り火で燃えちゃったりしないようにって配慮だろうか。ツッコミどころが多すぎる。
ゴミ

でも若い頃に一度だけ、川で花火してゴミをそのまま捨てていったことがあるのでバチがあたったのかもしれない。ごめんなさい、ごめんなさい。

ゴミを減らすためにはどうすればいいのか

捨てられているスナック菓子の袋、煙草の吸殻、マスクなど、多くはコンビニで買ったものだろう。でもコンビニにはちゃんとゴミ箱もあるし、飲食や喫煙のスペースを用意しているところもある。結局、捨てる人は捨てるし、捨てない人は捨てないのだ。

啓蒙活動をして改心するような人はそもそもゴミを捨てるようなことはしないんじゃないかと思う。

レジでもらえる袋は有料化、エコバッグを推奨し、その代わりに野菜とかの入ってるダンボール箱を無償で提供しているスーパーもあるけど、こういうのはいい。

コンビニでもなにか対策してくれないかな〜と思って調べてみたら、レジ袋削減の取り組みはしているみたい。

レジ袋削減への取組み(一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会)

日本フランチャイズチェーン協会には、セブンイレブン、ローソン、ファミマなど主要コンビニ以外にも多くの飲食店が加盟。コンビニのレジ袋有料化は色々と難ありらしく、削減に取り組んでいるのだそう。

他には沼津市がコンビニなどのレジ袋に「市指定」の文字を印字できるようにして、ゴミ削減に取り組んでいるんだとか。最近の取り組みっぽいけど、効果が出るようなら全国の自治体にやって欲しい。

コンビニのレジ袋に「市指定」の文字 沼津市“ごみ袋指定制度”が注目集める(ねとらぼ)

ちなみに自分はダンボールアーティストとして、ダンボールや紙などの素材を使った製品の販売に向けて準備をしているわけだけど、その素材にこだわる理由の1つとしてゴミを減らしたいという思いもある。

日本では「ダンボール=リサイクル可能」というイメージも根付いているし、実際にダンボールのリサイクル率はとても高く、回収率95%、古紙利用率90%という調査結果もあるぐらい。

段ボールはリサイクルの優等生(全国段ボール工業組合連合会)

そんなリサイクル率の高いダンボール素材を使って、多くの人が使ってくれる製品を作れば、ほんの少しぐらいはゴミの削減につながるかなって。頑張ろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です