不要になったMacを無料でリサイクルする方法

不要になったMacは、Appleが提供するリサイクルプログラムを利用して無料でリサイクルできます。ただし無料で回収してもらうときにはPCリサイクルマークが必要です。

Appleが提供しているリサイクルプログラム

2003年10月1日から資源有効利用促進法に基づいて、家庭から排出されるパソコンの回収やリサイクルが実施されるようになりました。これにともない、Appleは公式にリサイクルプログラムの提供を開始しています。

Appleのリサイクルプログラム

Macは中古でも新しければよい値段がついたりするので、数年使ったらヤフオクやフリマで売ってしまうという人も多いでしょう。一方で長年使って、動かなくなってしまい、処分することもあります。

そんなときに使えるのが、Appleのリサイクルプログラム。実務はAppleから委託された会社が行っています。

Appleのリサイクルプログラム利用方法

Appleのリサイクルプログラムを利用するときは「PCリサイクルマーク」があれば、無料でMacを回収してもらえます。

資源有効利用促進法が始まった2003年10月1日から、AppleはすべてのパソコンにPCリサイクルマークを同梱しているとのこと。

私が処分しようと思っていたMacの箱をゴソゴソしたところ、PCリサイクルマーク発見!これなくさないようにしないといけませんね。回収してもらう前にこのシールをMacに貼っておく必要があります。
PCリサイクルマーク

PCリサイクルマークなしでも回収してもらえますが、有料です。本記事を書いている時点では、3,000〜4,000円。ちなみにiPadはパソコンではないのでPCリサイクルマークはありませんが、無料で回収してもらえるそうです。

プログラムを利用してリサイクルする場合は、次のページから申請します。PCリサイクルマークに記載されている番号のほか、Macのシリアルナンバーを入力しないといけないので、事前に調べておきましょう。

Appleのリサイクルプログラム

いわいのあとがき

以前、SSD化したiMac Late2009が逝ってしまったと書きましたが、もはやどうしようもない感じだったのでAppleに引き取ってもらうことになりました。まあ8年は使えたわけですが、27インチの巨大な筐体が文鎮化してしまうのはなんとも辛いですね。

最近、iPad Proに興味があります。これを取り入れることで仕事のやり方が変わりそうなんですよね。ただApple PencilとSmart Keyboardを足すと10万コースなので、勢いでってわけにはいきませんな…

imac 故障画面SSD化した中古iMacが1年半で文鎮化してしまった件imac201547iMac+SSDが超快適なのでこれからはデスクトップもSSDが良いと思った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です