【追記あり】無料で写真が無制限保存できるGoogleフォトが「まだ」使えない理由

googlephotos

1600万画素以下であれば、なんと無料で無制限に写真がクラウド保存できるGoogleフォト。

いわいは1TBまで無料で使えるFlickrを写真のバックアップ先に利用していますが、無制限ならとGoogleフォトに乗り換えようと思いました。

しかし、たった一つの理由で導入を見送りました。
googlephoto有料化されるFlickrをやめ、日付問題が解決して自動バックアップにも対応したGoogleフォトに乗り換えました

現時点でGoogleフォトでは日付順に並べ替えができない

Mac標準の写真アプリやFlickrなどのサービスでは、保存した写真が自動で日付順に並びます。

デジカメで撮影した写真はカメラに設定した日付の情報が埋め込まれるため、写真のアプリやサービスはその情報を読み取って日付順に並べられるのです。

ところがGoogleフォトに写真をアップロードしたところ、日付順には並んでくれませんでした。これが現時点で導入を見送った理由です。

どこかの設定で並べ替えができるものかと思いましたが、そのような項目はありません。

英語、日本語で情報を検索し、Googleの公式フォーラムもあたってみましたが、どうやら現段階では日付順に写真を並べられないことがわかりました。

なぜ、そんな基本的なことができないのかがわかりませんが、技術的には難しいことでは無いはずなので対応しようと思えばすぐにできるはずです。

多くの人が望むと思われることなので、少し待てば機能が追加されるものと期待しています。

Googleフォトは動画の保存にも対応しているし(多くのサービスでは静止画しか対応していない)、連続する写真が5枚以上あれば自動でGIFアニメにしてくれるなど、気の利いた機能が多数搭載されているうえ、動作も軽快なので日付以外については申し分ありません。

日付順の並び替えさえできれば、すぐにでも乗り換えます。だから、早く対応して〜!

追記2(2016年7月30日):その後Googleフォトの日付問題がなくなりFlickrが有料化されることになったため、Googleフォトに乗り換えました
googlephoto有料化されるFlickrをやめ、日付問題が解決して自動バックアップにも対応したGoogleフォトに乗り換えました

追記1(2015年6月30日):記事が誤認識されてしまう書き方であったため、追記します。

Googleフォトは日付を全く認識しないわけではありません。

最近撮った写真は日付を正確に認識していて、自動で日付順に写真が並びます。

また、これは友達の指摘でわかったことですが、パソコン版とアプリ版ではインターフェイスに違いがありました。

アプリの方は日別・月別・年別で表示を変えるメニューがあり、日付がよりわかりやすくなっていますが、パソコン版には現時点ではこのようなメニューはありません。

では、私が何を言いたかったのかと言うことですが、まず、次の画面をご覧ください。これはMac標準の写真ソフトの表示画面です。
gphoto03

表示が小さくて申し訳ないのですが、写真の左上の部分に撮影年月日が表示されています。

1998年に撮影されたものですが、ソフトがこの日付を認識していて、もっとも古い写真として一番上に表示されます。

一方、次の画面はGoogleフォトのパソコン版画面ですが、1998年に撮影した写真の日付が「今日」と認識されています。最近の写真に関しては正しく日付を認識しています。
gphoto01

どの情報を見て日付を認識しているかによって、このような違いが出てくるのかもしれません。

Macでは正しく認識してくれているだけに、Googleでもどうにかしてもらえないかな〜と思った次第です。

どの情報を見て日付を認識しているのかがわかれば、こちら側で写真の情報を書き換えるという方法もあるのですが。

以上、書き方がわかりにくかった点に関して、お詫び申し上げます。
googlephoto有料化されるFlickrをやめ、日付問題が解決して自動バックアップにも対応したGoogleフォトに乗り換えました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です