寄稿で体感したプロブロガーの驚異的メディア力

extraordinay_crafts
3月4日に、ごりゅごさんのブログで公開していただいた寄稿記事ですが、予想を上回る大反響でした。

ごりゅごさんのブログで、ブログ開始から独立までのことを書きました!!セミナーでお話もします!!

鳴かず飛ばずな感じだったら、ごりゅさんに申し訳ないと思ってたんですが、上々の結果となり、ホッと一安心しました。

このような結果となったのは、ごりゅごさんのブログが、メディアとして大きな力を持っていたためです。

大きな反響を産んだgoryugo.comのメディア力

間違いなく言えることは、ごりゅごさんのブログに寄稿した記事を、本ブログに公開していたら、同様の反響は得られなかったということ。

それは、ブログのメディアとしての力が、圧倒的に違うからです。中学校の野球部とプロ野球チームぐらいの差があるんじゃないでしょうかね。

まず、ブログの購読者数に圧倒的な差があるため、記事公開時点で見てくれる人の数が違います。

何千もの人が購読しているブログは、多くの人が、「役に立つ」「面白い」と認めているもので、良質な記事が公開されることを期待しています。

検索サイトから流入した、一期一会の読者とは違い、そのブログのファンが、登録してくれているのです。

また、ごりゅごさんの友達には、ごりゅごさんのブログと肩を並べる、強力なメディア力を持ったブログの運営者が多数いらっしゃいます。

記事公開時、SNSを見ていたところ、ごりゅさんの友達であるOZPAさんや、うしぎゅうさんなど、人気ブロガーが、いち早く反応して、リツイートしてくれていました。ありがとうございます、ありがとうございます。

インターネット上で爆発的に情報を拡散するために、FacebookやTwitterなどのSNSは、不可欠です。

お互いに多くのフォロワーを持ったブロガーが、記事に反応したことにより、広がりが加速し、Twitter282RT、Facebook533いいね!、Pocket631、はてぶ243(いずれも記事執筆時点)という数値を記録しました。

メディア力があれば、どんな記事でも拡散されるわけではないので、記事の内容についても触れておくと、「広告収入以外でのブログ活用」「非日常的な成果」「ライフイベント」であったことが良かったのかなと思います。

ネットでもイベントでも、ブログの広告収入をどうやって増やすかについての話題に人気があります。

「PVや広告収入がなくてもブログを使って食べていく方法」という記事タイトルは、「ブログの広告収入で生計を立てる」ということの逆を行くようなものなので、注目されやすかったのかなと。

また、ブログが、テレビ局やディズニーから仕事をいただくきっかけになったり、退職・独立という、人生にまで影響を与えたという内容が面白かったんじゃないかと思います。

イケダハヤトさんにも取り上げていただけた!

SNSでの反響は、イケダハヤトさんの目にも触れることとなり、寄稿した記事について、ご自身のブログで取り上げてくださいました。ありがとうございます。

イケダハヤトさんは、超有名なプロブロガーです。Twitterのフォロワーは、5万人以上もいらっしゃいます。まさに桁違いですね。

ごりゅごさんのブログで記事が公開されたときには、本ブログにも大きな影響があり、その日のPV数は、過去最高に近い数値となりました。

イケダさんのブログに取り上げていただいたときも、やはり、多くの方がIWAIMOTORS BLOGを訪問してくれました。

有名なブログで取り上げていただけるということは、テレビや新聞のようなメディアに掲載されたかのような反響があることを、改めて感じました。

本ブログには、そのような影響力は、まだ、ありませんが、ダンボールアートの実績が増え、より注目されるようになれば、ブログを見てくれる人も増えると思います。

また、ブログそのもののメディア力を上げることで、ダンボールアーティストとしての知名度向上にもなるはずです。

本業であるダンボールアートと、ブログの両方に力を入れ、相乗効果を出していきたいと思います。頑張るぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です