土佐和紙を使ったアクセサリー「くじゃくだま」が紙とは思えない美しさ!

紙とは思えない美しさのくじゃくだま!!

先日、九州出張中に、NHKで取り上げられていた、土佐和紙のアクセサリー。

その後、「くじゃくだま」という名前ということがわかり、手に入れたいな〜と思っていたところ、高知県の友達が購入して、送ってくれました!!ありがとう!!

最初、くじゃくだまという名前まではわかって、ネットで検索したところ、情報が出てきました。

作っているのは、「和紙工芸ほづみ」というお店。ブログもありました。

和紙工芸ほづみ

しかし、ネット販売はなく、「高知県の工芸品として。デパート等で開かれる物産展・職人展・民工芸品まつりなどでの販売のみとなっております」とのこと。なんて、幻な販売方法w

NHKで特集されたばかりなのに、もったいないな〜と思っていましたが、高知在住の友達が販売している店を見つけて、わざわざ、そこまで足を運び、購入して、送ってくれました。もう、いい人すぎ、本当に感謝。

くじゃくだまは、「ほのまる」というところで、入手できるそうです。

ほのまる

こちらが、実際に入手した、くじゃくだま。合わせて、指輪も購入しました。こちらがその写真。
kujyakudama1

kujyakudama2

本物を見ても、とても紙とは思えません。どう見ても、自然石のようで、とても、紙とは信じられません。

実際には、和紙が元になっているため、とても軽いのが印象的でした。特にネックレスなどは、重いものだと肩こりになりそうですが、くじゃくだまなら、軽いので、そのような心配は無さそうです。

写真がイマイチ、うまく撮れていないんですが、とても美しく、和紙で出来ているかどうか関係なく、アクセサリーとしての魅力もあると感じました。

一見して紙とはわからない紙の使い方って、良いな〜と思いました。製品開発の参考にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です