ワコムのペンタブレット、Intuos Proを購入!下位や数年前のモデルとは別次元に進化してた!

いま、いただいている案件で必要に迫られて、急遽、ワコムのペンタブレット、Intuos Proを購入しました!

最新のペンタブは、これまでいわいが使ったことがあるモデルとは別次元と言えるほどに進化していました。

これまで使ったことがあるのは、Intuos2とBamboo

いわいがこれまで使ったことがあるペンタブレットは、ワコムのIntuos2と、下位モデルのBambooです。

CGは、もう10年以上も趣味として続けていますが、本気でテクスチャを描いたことがあまり無く、それほどペンタブレットを必要としていませんでした。

Intuos2のときは、持て余してしまったため、最近では安価で小さなBambooを使っていました。使っていたというか、持っていただけというかw

で、今年、何かのイベントでワコムが出展していて、Intuosを使わせてもらったところ、筆圧感知が素晴らしく進化しててビックリ!

弱い力で撫でるように描けば、うっすら色がつき、力強く描けばはっきりというように、デジタルなペンとは思えない感度。

案件に加えて、これからはペンタブ需要も増えそうだったので、必要経費と考えてペンタブを購入することにしました!

S・M・L、どのサイズにするかで迷ったけど、Mにした理由

これまで割と小さなサイズでも不満は無かったものの、そもそも、そんなに使っていなかったし、どうなんだろうと迷いプロフェッショナルな皆様に質問してみたところ、様々な回答を得られました。

教えてくれたのはフォトレタッチャー、CGクリエイター、映像編集、CGイラストレーターなど、いずれも一線で活躍中の皆様ばかり。

CGクリエイターの方の場合、ガッツリとテクスチャを描くだけでなく、タブレットに搭載された複数のボタンに機能を割り当てて駆使したりするため、そういった用途ではSサイズもありとの意見をいただきました。

フォトレタッチャーの皆様はM推し。L一択でしょうという意見も。いわいの用途はCG用のテクスチャを描くためと、使い慣れて、CGソフトを使うときにも使えるといいかな〜というもの。

最終的にMかLかで迷いましたが、サイズを確認したところ、Lはかなり巨大だったため、もしも今後どうしても欲しくなったときに買い換えれば良いと考え、今回はMサイズにしました。

Intuos Proがやってきた!!

ということで、ワクワクタイムです!!Intuos Proが我が家にやってきた!!
intuospro1

箱を開けたところ。最近のIntuosは、本体だけでなくて、箱もカッコイイですね〜
intuospro2

こんな感じで本体が収まっておりました。
intuospro3

27インチiMacの前に置いたところ。前後いずれかにキーボードを設置できる余裕があり、左右には、マウスやiPhoneの置き場も確保できています。Mで正解。
intuospro4

本ブログを書いている時点で、数時間タブレットを使っていますが、ペンの感度が良くなったことも実感できましたが、タブレット側のタッチ機能も進化していました。

Macbookユーザーの人は良く知っていると思いますが、Macbookの場合、トラックパッドを操作するときに指の本数や動かし方によって、違う動作を割り当てたりできますが、それと同様のことがIntuosでもできました。

マウス無しですべての操作をタブレットで行っている友達がいますが、なるほどタブレットのタッチ操作がここまで進化していて、かつボタンも複数あるため、そういうこともできそうだな〜と思った次第。

タブレットという機器自体は、万人が必要とするものではありませんが、古い機種を持っていたり、まずは下位モデルを使ってみようと考えている人にはIntuos Proをオススメします!全然、別物になってますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です