ダンボールの用途をさらに広げる有機溶剤に興味津々!!

なんか本当にダンボールで色々できそう!!

material

昨日、紹介したダンボール自転車ですが、記事にも書いたとおり、有機溶剤を使ってダンボールをコーティングすることで、強度、耐水性、耐火性を持たせているようです。

cardboardbikeダンボールに無限の可能性を感じさせる「ダンボール自転車」が素晴らしい!!

「有機溶剤」ってなに?ということで、調べてみましたが、色々あって、興味津々!!

まずは、「有機溶剤」というキーワードで検索したところ、「エポキシ樹脂」が出てきました。エポキシパテなら聞いたことがある。多分、使ったことも。親戚っぽい。

今度は、「エポキシ樹脂 使い方」で調べたら、親切な情報を掲載されているブログがいっぱい出てきました。なかでも、こちらのページが初心者向けでわかりやすそう。

レジン超初心者様向けにエポキシ樹脂の扱い方

樹脂の元みたいなのが売られていて、主剤と硬化剤というのを混ぜて化学反応させて固めるっぽい。なるほど。

こちらの解説ページだと、アクセサリーのような小物を前提としているので、自転車のフレームみたいな大物には、ちょっと、向かないのかしら…

ダンボール自転車の場合、エンジニアの方がスプレーを吹き付けて、その後、水槽に浸しています。

もしかして、スプレータイプの樹脂もあるのかな?と思って、今度は、「エポキシ樹脂 スプレー」で検索。あったw

スプレーなので、ハケ塗りのような塗りムラがでないとのこと。でも、化学反応させて固める仕組みは同じなので、一度で全て使い切らないといけないと思います。

とここで、そういえば、吉井宏さんが、デザインされたキャラクターをご自身で、巨大立体フィギュア化されていたのを思い出しました。

吉井さんは、あのドコモのキャラクター、「ひつじの執事くん」をデザインされたイラストレータさんです。

吉井さんがブログに掲載されていた制作風景をいつも楽しみにしつつも、大変そうだな〜って思ってたんですが、いつの間にか自分も似たようなことをやっていたというw 多分、どこかの誰かが、「大変そうだな」って思ってるに違いない!!

こちらが、吉井さんのブログ。ユニークなキャラクターをスゴイ勢いでブログに公開されています。ステキ。

Yoshii – Blog

立体物を制作されていたときの過去記事を探そうと思ったら、記事多すぎでわかんねーw そういうときのために、ブログ内検索ボックスがあるんですよねw 「エポキシ」でブログ内を検索したら、いくつかの記事が出てきました。

記事中、FRPというキーワードが。FRPってよく聞くけど、”Fiber-glass Reinforced Plastic”(ガラス繊維強化プラスチック)の略なんですね。

ガラス繊維を任意の形に固めて、下塗りとか上塗りとかを行っていきます。車の部品などに使われてますね。でも、これを貼り付けたら、もはや、ダンボールじゃないようなw

FRPについて、イロイロ調べていたら、プロの工房のブログを見つけました。FRPを使ったキャラクターの置物の作り方とかがわかります。

クラフト工房はたの『工房日誌』

とまあ、イロイロ、脱線してしまいましたが、いわいは、ダンボールを素材にモノづくりしたいと思っているので、まずは、そちらを基本に考えます。

でも、他の素材のことを調べるのも、とても楽しいので、今後も、ちょいちょい、調べてみます(^o^)

cardboardbikeダンボールに無限の可能性を感じさせる「ダンボール自転車」が素晴らしい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です