iPhoneでフラッシュ無しでも明るく写真が撮れる!AE/AFロック機能を教えてもらった!

それは、昨晩の飲み会の席でのことでした。

iPhoneで友達の写真を撮ろうとしたところ、お店の照明が暗くて真っ暗な写真になったため、普段はオフにしているフラッシュを使って写真を撮影。

フラッシュを使うと何もかも明るくなってしまうので、できれば避けたい。でもiPhoneだし無理だよな…

と思ったら、友達がiPhoneでもフラッシュ無しで暗くならない撮影方法を教えてくれました!

明るさを調整できるiPhoneのAE/AFロック機能

そんな機能があることを全然、知らなかったのですが、iPhoneカメラの標準機能である「AE/AFロック」を使うと、フラッシュ無しでも明るさを調整できるんです。

例えば、次の写真。何だか背景が暗いですよね。
spiderman3

こんなときは、背景の暗い部分を長押しします。すると、四角い焦点マークが二度、ブワッブワッと大きくなり、画面の下に「AE/AFロック」の文字が表示されます。すると、先ほどまで暗かった背景が、いい感じに明るくなります。暗くて見にくかった部分が、明るく鮮明になりました。
spiderman

同じように、明るい箇所を長押しすると、今度は、明るかった部分が暗くなります。
spiderman1

そもそも、AE/AFロック機能とは?

「AE/AFロック」とは、それぞれ、「AE=Auto Exposure(自動露出)」「AF=Auto Focus(オートフォーカス)」という意味。

どちらも、デジタルカメラには搭載されていることが多い定番機能です。

露出とは光の量のことで、多すぎれば「露出オーバー(明るすぎる)」、少なすぎれば「露出アンダー(暗すぎる)」となります。

ちょうどいいのが、「適正露出」です。ざっくり、「明るさ」と覚えておけば良いと思います。

オートフォーカスは、自動の焦点合わせのことです。なのでオートフォーカス(AF)ロックは「自動で合わせた焦点の固定」になります。

iPhone5の場合、任意の箇所を長押しすることで、明るさの調整(AE)と焦点の固定(AFロック)が、同時に行われるということです。

今回は、明るさ調整できる「自動露出」の便利さをお伝えしてますが、同時に焦点が固定されてしまうため、AE/AFロック後、カメラの向きを変えて別の被写体を撮ると、意図しない箇所に焦点が固定されたままになり、被写体に焦点が合わなくなることもあるので、注意しましょう。

AE/AFロックは、かなり前に搭載された機能なんですね

ネットで探してみると、どうやらAE/AFロック機能は、iOS5から搭載されたもののようです。iPhone4の頃からあったってことかな?iPhone4では、一度も使うことは無かったな〜(笑)

今回は、まあ、一人ぐらいは、いわいと同じように知らない人もいるんじゃないかな?と思って書いてみました。知っている方は、スルーしちゃってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です