スバコ|クラウドファンディング実施中!

iPad Proがとてもいい感じだけど買うのはもうちょい先かな

ipad-pro

友達からiPad ProとApple Pencilを借りて、2周間ほどじっくりと使ってみた。

いい。すごくいい。だけど購入にはまだ踏み切れない。もうちょい先って感じ。

iPad Proがよかったところ

借りたのは10.5インチのiPad Proなんだけど、薄くて軽いのに処理能力はとても高い。サクサク動く。手持ちのiPad miniと比べて圧倒的に高解像度。

解像度が高いから写真も地図もKindle本もきれいに表示されて、とても見やすい。Kindle本だけでなく、自炊したPDFも見やすい。高解像度なので、10.5インチでもKindleで雑誌サイズの電子書籍がきれいに表示できる。

Apple Pencilも感度がよくて、スケッチブック感覚で使えるし、手書きメモも取りやすい。仕事の打ち合わせでは紙とペンでメモを取るけど、iPad Proがその代わりになる。

音もよい。スピーカーも地味に進化していることがわかった。

今回は純正のSmart Keyboardは借りられなかったので家電量販店で試してみたんだけど、キーがちょっと固めだった。しばらく使っていたら慣れるのかな。

iPad Pro 10.5にApple PencilとSmart Keyboardを組み合わせれば、もう十分パソコンっぽいことはできるし、薄くて小さいからスリングバッグに入っちゃうし、電池持ちもよい。SIMフリー版を購入して、格安SIMを使ったら、どこでもネットにつながる。

外出先で使っているMacbook Airは2011年に購入したものだし、iPad miniも解像度が低くて、Kindle端末としても少々ストレスを感じることがあるぐらい。

iPad Pro最高。とても素晴らしい。だけどまだノートパソコン代わりにはならない。自分にとっては。

iPad Proがノートパソコン代わりになったらいいんだけど

iPadって基本的に「ビューワー」なので、あまり複雑な操作をする前提では作られていない。その分、タッチパネルを使った簡単操作が可能だし、様々なアプリのお陰で色んなことに使える。これはこれでよい。

CGとか複雑なことをやろうと思ったら、パソコンが必要。だからそういうことを期待するのなら、やっぱりMacbookということに。前にも似たようなことは書いたんだけど、やっぱりその結論になる。

ipad-pro-smart-keyboardクリエイターから見たiPad Proの魅力と可能性

でもMicrosoftのSurface Proはタブレット並みの薄さで高スペック、単一のWindowsOSでパソコンとしてもタブレットとしても使える。まあ価格は10万円以上だし、iPad Proよりも重いけど。

GoogleのPixelbookもAndroidアプリが使えるようになってる。現段階ではまだ使い勝手がよろしくないような記事も見たけど、修正していけばすぐに解決するだろうし、モバイルとデスクトップでOSを統合していくという方向性がわかる。

Appleもこの方向性になればいいんだけど、かなり先だろうな〜と思いきや、2018年秋には、MacでiOSアプリが動くかもというニュースが!

MacでiPhoneアプリが動くようになる? 2018年秋に統合とBloombergが報道(Engadget Japan)

これはmacOSとiOS統合の序曲かも?近年のMacbookはポートがUSB-Cだけになり、どんどんタブレットのように形状が単純化されつつあるし、iPadもmacOSのようなDockが搭載されるなど、MacbookとiPadを擦り合わせてきているような印象がある。

もうすでにノートパソコンとモバイル端末との融合が始まっているのかもしれない。そう願いたい。そのときがiPad Proの買いどきになりそう。早くて2019年頃にはmacOS搭載のiPad Proが出てくるかも。期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です