2013年ガジェット初め!iPhone用にBoseの最新イヤホンを購入!

ついにBoseのインイヤーヘッドホン買ったったで!

ということで、ついに買いましたよ!Boseのイヤホン!

いっとき、アップルの純正も悪く無いかと思ってましたが、家電量販店で試聴したら「これ前のモデルよりも音が良くなってるんじゃ?!」ってことに気が付いて、ついにいってしまいました。怒涛のレビューです!

みんな大好き、Amazon 箱!

amazon_box

我が家に届いたワクワクのもと

まあ、うちに箱があったら、開けてみるわな。

box_open

なにこれ、ステキ!!

グワシ!と握りしめた青色の箱のなかには、男のロマンが!

bose_box

BOSEのイヤホン鷲掴み!

外箱の中にあるプラスチック包装は、カッチカチやで!

Bose_inside

素手では破れないカッチカチの包装は前モデルと変わっておりませんな…

中身はこんな感じ。イヤーキャップは、標準ではMサイズになっていて、他にSサイズとLサイズのが入ってます。どれか一つを選ぶと、他のサイズのは使わないです。あと、専用のキャリーケースが付いているんですが、これも使わない。毎日使うものなんで、箱に入れておくとか無いので。このあたりは、ちょっと無駄かな〜

Boses

イヤホンと愉快な仲間たち

新しいイヤホンはこんな感じ。前のモデルにはなかった羽根みたいのがついてます。これでさらにしっかりと耳にハマるってことかしら?特に気にせず使ってますけど。柔らかいので、しっかりハメないと違和感があったりとかいうのは無いです。

New Bose

羽根つきの新しいイヤホン

前のモデルとの比較写真。イヤキャップをとってみると良くわかりますが、内側にスピーカーぽいのがついてます。見た目だけでなく、音の改善につながっているのではないかと。あ、ちなみに古い方のイヤーキャップが赤色になっているのは、メリケン製のトートバックの裏地の色が付いたものです。残念な色です。

Bose Outside

外側

Bose Inside

内側

No Earcap

イヤーキャップなし状態

そして、前モデルを買ったときには搭載されていなかった音量調整ボタン&マイク。いまやiPhoneの純正イヤホンにも付いているわけですが。これの付いていないモデルだと、実売で9,000円をきってましたが、どうしても欲しくて、こっちのモデルを選択。音楽を聞いてる時に電話がかかってきても、そのまま通話できたりとか、すぐに音量調整や一時停止ができるのはすごく便利。

移動で電車に乗っているときも、イヤホンを使うと音声が聞き取れて便利。まあ、それはBoseじゃなくても同じなんだけど。

Switch

音量スイッチとかマイクとかが一緒になったやつ

洗濯バサミみたいのが付いてたけど、これはすぐに外しました。使わないし、美しくないので。

Peg

使わないので外したはさむやつ

で、気になる音の方ですが、印象として前のモデルよりも良くなっているように感じました。

臨場感だとかが前よりも更に良くなっている感じ。映画を良く見るので、臨場感とかはとても重視するポイントです。

ビックカメラはどの店舗でも試聴用に置いてあることが多いので、是非、試してみてください。

音響機器のレビューって、肝心な音については好みもあるし、試してみないとわかんないというのがあるので、ちょっとムズカシイです。

音に関してすごくウンチクがいえたとしても、実際に聞いてみてそれが感じられなかったらダメな気がするし。

音以外の話になりますが、ケーブルは前のモデルも今回のモデルも同じっぽいです。

今回は前モデルのケーブルが内部断線したと思われ、それによって片方の音が聞こえなくなってしまいました。これが実は二度目の断線でした。

前回はケーブルの被覆が剥がれて、Boseに修理の依頼をしたところ、なんと新品交換してくれました。

ただし修理代として4,200円を払っています。2年ほど使っていたと思います。

で、その交換をしてもらったのが、2010年の8月末頃。あれから2年半ほどで、またしても断線しました。

ケーブルの耐久性は、2〜3年程度と思っておいた方が良いかもしれませんね。

でも、音は本当に好みだし、毎日の通勤で使うものなので、安くはないけど、数年使えば十分に元は取れると思ってます。そんなわけで、これからもしばらく、Boseのイヤホンにお世話になります!よろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です