ハンドルが折れたシュレッダーの再生と自動化に成功しました

手動シュレッダーのハンドルが折れてしまい、しばらく使えなくなっておりましたが、知恵を振り絞って再生に成功しました!

しかも手動だったシュレッダーは自動化しています。

ハンドルは折れたが捨てるのは忍びない手動シュレッダー

手動シュレッダーのハンドルが写真のように折れてしまいました。
ハンドルが折れたシュレッダー

紙を細断するたびにハンドルには力がかかるわけですが、プラスチック製であればストレスが溜まって、いずれはポッキリと折れますわね…

なんとかハンドルを作り直せないかと思案しましたが、頑張って 3D プリンターでプリントしても、いずれは同じ運命です。

とはいえ、シュレッダーの刃はまだ使えるものなので、このまま捨ててしまうのはあまりにもったいない。

どんなものでも可能な限り直して使う派なので、こういうのを粗大ゴミにしてしまうのは嫌なんですよ。

そんなわけでしばらくシュレッダーを放置していたんですが、ある日、シュレッダーを再生する方法をひらめきました!

電動ドリルを使って手動シュレッダーを再生&自動化

そうだ、うちには電動ドリルがあるじゃないか!
電動ドリル

電動ドリルは色々な種類の刃や工具が使えるように、先端部分はネジ式になっています。

これを緩めてシュレッダーのハンドルがあったところに取り付けてみたら…合体成功!
シュレッダーとドリルを合体

では見事、再生&自動化に成功した手動シュレッダーを動画でご覧ください。

ちなみに油断するとシュレッダーごと回るので大変危険です。よい子は真似しないでね!




ハンドルが折れたシュレッダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンボールアーティスト/ブロガー。会社員だった2014年にテレビ局、ディズニーからダンボールアート制作の依頼を受ける。2015年からは独立し、ダンボールアート制作、ライティング、プロダクトデザインなど多方面で活動中。詳しくは、プロフィール・実績をご覧くださいまし。