有料化されるFlickrをやめ、日付問題が解決して自動バックアップにも対応したGoogleフォトに乗り換えました

写真のアップローダーが有料化されるFlickr

googlephoto

タイトルでほぼ言い切ってしまったのですが、写真のバックアップに利用するクラウドサービスをFlickrからGoogleフォトに切り替えました。

Flickr(フリッカー)は写真や動画をクラウドに保存できるサービスで、1TBまで無料で使えます。

アップローダー(写真を自動バックアップするソフト)が提供されていて、MacOS標準の写真管理ソフトと連携させれば、写真を自動でクラウドにバックアップしてくれます。

詳しいことは過去記事をご参照ください。

写真も動画も1TBまで無料保存のFlickr(フリッカー)が使いやすくなっていた

なんの問題もなく使ってきたFlickrですが、これまで無料で利用できたアップローダーが有料化されるというお知らせがありました。価格は年間約35ドル。

一回払うだけなら考えてもよかったけど、毎年は嫌すぎます。

問題が解決していたら乗り換えようと思って、Googleフォトを確認してみました。

Googleフォトは日付問題がなくなり、アップローダーも無料だった

Googleフォトは以前利用を検討しましたが、問題があって利用を見合わせました。

その問題とは日付です。Macの写真管理ソフト上では日付順に写真が並んでいましたが、Googleフォトでは一部の写真の日付を正確に読み取ってくれなかったのです。

無料で写真が無制限保存できるGoogleフォトが「まだ」使えない理由

もしかしたら問題が解決しているかもしれないと思い、Googleフォトに写真をアップロードしてみたところ、以前はきちんと読み取ってくれなかった一部写真の日付を正確に認識してくれました。

しかもFlickrにしかなかった写真のアップローダーも無償提供されているではありませんか。

App downloads – Google Photos – Google Photos

アップロードの速度もFlickrとは比べ物にならないぐらい速いです。

Googleフォトでは写真を元のサイズのままアップロードできますが、その場合は容量制限があります。

Googleによって写真のサイズが自動調整されるのを許可すれば無制限。

私は無制限の方を選んだので写真のデータ容量は小さくなっていますが、それを差し引いても処理が爆速でした。

さらにGoogleはスマートフォンアプリもあります。Flickrはアメリカでは純正のiPhoneアプリがあるようですが、日本は未対応。

Flickrを運営するYahooは、つい先日も買収後3年でTumblrを全損処理したとのニュースがありました。

業績も好調で勢いの落ちないGoogleと、悪いニュースが目立ち失墜気味のYahooとの差がこんなところにも出ているのだろうかと感じてしまいますね。

そんなわけでグッバイFlickr、こんにちはGoogleフォトと相成りました。

Flickrは多くの利用者を失うと思うのですが、それでも有料化しなくてはいけないぐらい厳しい状況なのかなと思っちゃいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です