MODO901!今回は地味な機能強化が多いみたい!

MODO901発表!!

modo901preview

いわいが愛用している3DCGソフトMODOの新バージョン、MODO901が発表されました。The Foundry傘下になってからは、すっかり毎年メジャーアップグレードになりましたね〜個人ユーザーには、毎回のアプグレ費用がキツイな…

さて、今回のアップグレードは、モデリングやUV周りの地味な機能強化が中心のようです。

MODO最新版の情報(英語)- The Foundry

こちらが、新機能の紹介ビデオ。

以下、The Foundryのウェブサイトで発表された主な新しい機能の意訳。

  • MeshFusionの統合
  • プレグレッシブ・テクスチャ・ベイキング
  • モデリングの新ツール追加と機能改善
  • 通常のUVとUDIMのマルチUVのサポート
  • レイヤー化されたマルチレゾ・スカルプティング
  • 新規購入の場合は同一価格でフローティングライセンスか個人ライセンスを選択可能

以下、原文。

  • Better Booleans in every box, with MeshFusion now included
  • New progressive texture baking
  • A host of new and improved tools for everyday modeling tasks
  • Better ways of working with both regular and UDIM multi-tiled UVs
  • Layered multi-resolution sculpting
  • Choice of individual or floating licensing included in base price for new seats

MeshFusion、統合されましたね〜Recoilのときもそうだったけど、プラグインとして出していて、次のバージョンですぐ統合というのは、どうなんでしょ。最初から標準機能にして欲しいような。評判が良いものは基本機能に取り込むってことかしら。

モデリングやUVの機能強化は、相変わらずスゴイ。もはや全てを把握できていないw UVのコピー&ペースト、キャラクターで左右のポーズを変えてもシメトリーが有効になるとか、本当に細かい。

UDIMがなんだか良くわからなかったんですが、これ801のときからサポートされているんですね。持っているのに全然使えてないな…UDIMについては「Zで行こう!」に詳しい説明がありました。相変わらず、濃い内容ですね。

modo801の新機能を調べてみた その2 modo801

従来のUVマップはU座標0〜1、V座標0〜1という1×1の平面にテクスチャを描き込みますが、UDIMはこの平面を拡張するもので、より効率的で自由度の高いテクスチャリングが可能になるようです。

UDIMはMARIが標準サポートしているようで、連携のためにMODO側も対応させているようですね。MARIは高くて手が出ないけど、どんな感じなのか知りたくて試用版を入れてみたらiMac(Late2009、CPU Core-i5、メモリ 16GB、グラボ Radeon HD 4850 512 MB)じゃ重すぎてまともに動かなかったw

機能強化じゃないけど、新規購入の場合は同一価格で、個人ライセンスとフローティングライセンスが選べるというのは結構大きな変更ですかね。801だと、フローティングライセンスの方が200ドル高いです。

ちなみに、901の価格は、次の通り。新規購入は最新の為替レートで21.6万円ぐらい。MODOも高くなったな。その分かなり機能も増えてますが、まだ、Maya、Maxには追いついていない印象。最近は、C4Dが押している感じがする。あと、Blenderスゴイ。

  • 新規購入:1,799ドル
  • 個人ライセンスのアップグレード:495ドル
  • フローティングライセンスのアップグレード:695ドル

Sneak Previewのビデオだと、新機能ダイジェストだけなので、もう少し詳しい情報を待ちたいところ。だけど、一番の見所を最初に伝えているだろうから、これ以上、大きな情報はないかもですね。 これまでの流れから考えると、次回のアップグレードで大きめの変更がありそう。次は1001になるのかな?w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です