「2ランク上の3Dプリンタ」MAESTROがとても良さげで気になる!!

そろそろ、良さげな3Dプリンタが出てきたかな?!

maestro1

Makuakeというクラウドファンディングのウェブサイトで、MAESTROという3Dプリンタの出資を募っています。(2015年2月9日現在)

あなたの夢が今、カタチになる。至高の3DプリンターMAESTRO 限定先行販売!

3Dプリンタはまだまだ過渡期で価格と性能のバランスを考えるとこれだというものがありませんでしたが、MAESTROはこれは!と思わせてくれるものです。

本記事を書いている時点で終了日まで約50日を残し、出資目標の100万円に対して700万円を超える出資が寄せられており、期待の高さが伺えます。

MAESTROの魅力は、次のようなところです。

  • 出力サイズが、大きい(Ø22cm x H 32cm)
  • 出力サイズの割に、プリンタそのものは小さい
  • 出力されたものの品質が良い(表面がなめらか)
  • 3Dプリンタのデザインが良い
  • 今回のものは2号機なので、初号機と比べて改善が期待できる
  • 価格は、20万円台で、高すぎない
  • パーツを交換することで、アップグレードしていける

現時点でも工業用の数百万円以上という3Dプリンタの場合は高品質なプリントができるようですが、普通の人が趣味で手の届く範囲ではありません。

MAESTROは20万円台という価格帯でありながら同じ価格帯の3Dプリンタの「2ランク上」とうたっており、ウェブサイトで見る限り確かにそのように豪語するだけの品質とサイズになっていそうです。

特に大きなサイズを出力するのは3Dプリンタが苦手とするところですが、MAESTROはなんと高さ30cmまでいけるとのこと。

まだ、市場に出ていないものだと実際に蓋を開けてみたら期待はずれだったなんてこともあり得ますが、MAESTROはすでに台湾で初号機が市場に出ており、今回のものは2号機。信頼感がありそうです。

日本語マニュアルもあり、ユーザー同士が情報交換をするためのフォーラムも用意する予定とのことでサポートもしっかりとしてそうです。

すぐに出資するぞ!!という金額では無いのですが、大いに期待が持てる3Dプリンタです。

いわいも近い将来、3Dプリンタは欲しいと思っているのでMAESTROは、注目しておきます!!

2 COMMENTS

いわい

コメントと情報ありがとうございます!説明に元々、オープンソースとか書かれてましたが、なるほど、同じようなのがあるんですね。

確かにもう少し手頃なお値段になるとよいですね〜

返信する

ばーちゃわーるど にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です