ガレージを改造して、ダンボールアート作業場を準備中

ガレージを改造して、ダンボールアートの作業場に

garage_change1
ガレージの湿度を抑える意味も含めて、雨水タンクを設置してわけですが、続いて土埃やワンコの毛の侵入を防ぐためにビニールカーテンを設置しました。

ビニールカーテンは、縦横の寸法を測り、ネットで注文。一週間程度で到着。

当たり前ですが、しっかりとしたカーテンが届きました。2万円ほどかかりまししたが、まあ、しょうがないすね。

カーテンは、ガレージの鉄骨に直接つり下げるため、カーテンレールは購入せず、結束バンドを使うことに。
garage_change4

まずは、結束バンドを緩めに締めて、位置決め。
garage_change5

位置が決まったら、余分なところを切ります。
garage_change6

いい感じに、間仕切りができました。これで、土埃やワンコ毛の侵入が軽減されそうです。
garage_change3

鉄骨に降り積もった土埃を掃き落とし、床も掃き掃除をした後で、水を撒いて、デッキブラシで掃除。かなり、綺麗になった後で、ダンボールアート作品を搬入。
garage_change8

ガレージは、湿気が心配でしたが、ずっと、置きっ放しにしていたダンボールも、湿度を吸収して柔らかくなったり、変形することは無かったので、一安心。
garage_change9

巨大なものを作るためには、場所が必要となりますが、ガレージが整備できてきたので、これからは、こちらで作業できそうです。

大きなダンボールは、レーザーカッターでは切れないので、手切りするしかないです。そうすると、あとは、大きめのワークデスクが欲しいところ。お金も無いことなので、自作しようかな〜

あと、工具類が増えてきたので、工具入れが欲しい。最終的には、金属製で、キャスターが付いたものが欲しいけど、まずは、ダンボールで作ろうかしらw

作業場が整備できたら、ダンボールアート制作を加速させるぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です