Macユーザー向け、無料のクラウドストレージを簡単に一元管理する方法!

無料のクラウドを簡単に一元管理!!

iCloud、Dropboxなど、無料で結構な容量が使えるクラウドストレージが各社から提供されています。

Macなら、これらのストレージを簡単に一元管理できます!!

方法は、極めて簡単。Finderのサイドバーに追加するだけです。こちらが、サイドバーに追加した状態。
finder

サイドバーへの追加方法ですが、Mac内に設置された、各クラウドストレージのローカルフォルダを、サイドバーにドラッグ&ドロップするだけ。

サイドバーで任意のクラウドストレージを選ぶだけで、各クラウドのフォルダが表示されて、ローカルフォルダを扱うような感覚でクラウドが使えます。

ちなみに、有名どころのクラウドストレージで、無料提供している容量はつぎのとおり。

  • iCloud Drive 5GB
  • Google Drive 15GB
  • OneDrive 15GB
  • Dropbox 2GB

無料のクラウドストレージは、もっと多くありますが、とりあえず、Finderのサイドバーに追加できることを確認したサービスは、上記の通りです。

ついでに、各社のストレージの有料プランが、いくらで、どの程度の容量が追加できるかも調べてみましたが、容量から考えると、かなり安価です。

iCloud Drive

icloudPlan

Google Drive

gdrivePlan

OneDrive

onedrivePlan

Dropbox

dropboxPlan

大容量のクラウドストレージが必要なときは、いずれか使い勝手の良いサービスの有料プランを利用しても良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です