ちゃんと写真も撮れるダンボール製一眼レフカメラDANCAM!!

トイカメラ的なものですかね

akindo_danam-basic

長野県の中小企業のオーナー達によって作られたというのが、ダンボール製の一眼レフカメラ、DANCAMです。

DANCAM

ギズモードの記事によると、DANCAMを作り出した長野県の諏訪地方は、かつて、オリンパスやセイコーエプソンなどの工場が数多く存在し、「東洋のスイス」と呼ばれていたそうで、そういった企業によってもたられた技術がいまも受け継がれているようです。

その技術力を生かして作られたのが、ダンボール製カメラ、DANCAMとのこと。ボディはダンボールですが、ちゃんとしたレンズがついており、写真も撮れます。

感光紙に光を当てて像を浮かび上がらせる昔のカメラの方式なので、撮影には、30分程かかるそうです。

動く被写体を撮るのは無理っぽいですが、風景を撮影すると、古い写真のように、味のあるものになりそう。

価格も、税込4,000円程度と、お手頃です。Yahoo!のショップサイトで販売されています。

DANCAM

一個、買ってみようかな〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です