博多のコワーキングスペース、ヨカラボ天神で3Dスキャンしてもらった!

3Dスキャンで自分を3Dデータ化!!

大分のアキ工作社訪問後、博多に移動して、太宰府天満宮と九州国立博物館を見た後、博多のコワーキングスペース、ヨカラボ天神に行ってきました!!

最近、リニューアルしたばかりとあって、とてもキレイな内装でした。大型の3Dプリンタが設置されているところが特徴的です。

だがしかし!写真を撮っていなかったので、詳しくは、ヨカラボ天神のウェブサイトをご覧ください(汗)

ヨカラボ天神

いや、ほら、初めてだったし、利用者の人達が静かにお仕事してるっぽかったので、あまり無粋にバシバシ写真とか撮りにくかったんですよ。

全体図は、ヨカラボ天神のウェブサイトにあったものを、掲載させてもらいます。
yokalab

オレンジ色が基調となった、明るい雰囲気のコワーキングスペースで、清潔感もあって、とても良い感じ。

いわいのお目当ては、3Dプリンタ。これまで、見たものは、卓上型のものばかりで、恐らく、30万円以下のもの。

ヨカラボ天神に設置されている3Dプリンタは、卓上型以外だけでなく、何百万もしそうな、巨大なものもあり、プリントサイズや、材料も、様々なものに対応してもらえます。

ラインナップは、こんな感じ。こちらも、ヨカラボ天神のウェブサイトから転載させてもらってます。
3dprinter_yokalab

事前に見学の予約をしており、ご担当者から、3Dプリンターのことを丁寧にご説明いただきました。ありがとうございます。

ヨカラボ天神訪問記念ということで、3Dスキャナーで、自分の上半身をデータ化してもらいました!!ドーン!!
zibun_front

zibun_back

データは、.obj、.stl、.plyという3種類の形式でいただくことができました。

いわいは、データだけ作っていただきましたが、お願いすれば、フルカラーで3Dプリントしてもらうこともできます。(むしろ、そっちが普通の頼み方だと思われますw)

3Dソフト上で大きさを調整して、実寸台にしておけば、ダンボールでマスクを作るときの、あたりとしてデータを使えそうです。自分で、3Dプリンタを買うことがあったら、印刷してみようかな〜

今後、レーザーカッターの導入予定もあるというお話だったので、ワークショップをやるために、ヨカラボ天神に行けるよう、ネタを仕込んでおきます!!

ヨカラボ天神は、1時間500円からという、お手頃な金額で利用できます。3Dプリンターも、中々、お目にかかることのできない上位機種も設置されていて、幅広い用途で利用できそうです。

博多周辺にお住まいの方や、出張で行く予定のある方は、一度、訪れてみると良いと思いますよ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です