活動量計を使わなくなった理由と絶対に搭載して欲しいたった一つの機能

活動量計に足りないもの

fitbit_quit

2013年の8月に購入した、fitbit oneという活動量計を使わなくなってしまいました。

fitbit以外にも、似たような製品が販売されていますが、現行製品の場合、恐らくどれでも同じ結果になったでしょう。

活動量計ってなに?

そもそも、活動量計って何ってところから。活動量計とは、身に付けているだけで、運動量や睡眠の質を記録してくれるガジェット(機器)です。

いわいの場合は、fitbitというメーカーの製品を使っていました。詳しくは、過去記事をご参照あれ。

fitbit ONEをついに購入!歩数や消費カロリー、睡眠状態まで自動で計測

これぞ今どきの健康管理!fitbit ONEで集めた情報をウェブやアプリでグラフ化

とても小さくて、クリップでシャツに留めたりできます。他社製のものでは、リストバンド型のものもあります。

ただ、身に付けているだけで、色々な情報を収集してくれて、アプリでその情報をグラフ化して表示してくれます。

ガジェットやウェブサービス、アプリを組み合わせて、健康状態が管理できるようになっています。

とても、良く出来た製品ではありますが、どうしても、面倒なことがあります。それは、摂取カロリーだけは、手入力しなくてはいけない点です。

摂取カロリーが自動で記録できれば活動量計としては完璧。そして、そんなガジェットが近日発売!!

fitbitのような活動量計は、歩数、移動距離、消費カロリーなどを自動で記録してくれます。

自身の身長や体重を最初に入力し、目標体重を設定しておけば、それに対する目標の達成度がグラフで示されるなど、とてもよくできています。

体重に関しても、対応した体重計を使えば、自動的にアプリ側に情報が送信されて、自身で入力する必要もありません。

ただし、摂取カロリーだけは、手入力が必要です。これが、かなり面倒だし、良くわからないことも多いんです。

まず、水分に関して、水を何リットル飲んだとか、食事に関しては、何を食べたかを選択すると、その摂取カロリーは自動で出たりはしますが、食事って、種類が豊富で、そのものズバリなメニューが無いことも多いです。

食事のメニュー表は、ザックリとした情報でしかないので、例えば、サーロインステーキ150gの他に、付け合あわせの野菜もあるし、量も毎回違うし、食べきれなくて、残すことだってあり得ます。

手入力での摂取カロリーの入力には、正確さの面での問題もあるわけです。これが解決されなければ、活動量計として不完全だなと思うのですが、なんと、腕に巻いておくだけで、摂取カロリーを計測してくれるというガジェットが発売されるそうです。
gobe
手首に装着するだけでカロリー摂取量がわかる健康管理型ウェアラブル端末「GoBe」

上記の記事によると、「摂取カロリー以外にもカロリー消費量・心拍数・水和レベル・血圧・移動距離などさまざまなデータを、装着しているだけで測定」できるのだそうです。マジか!!

販売開始価格は約36,000円ということで、ちょっとお高いものではありますが、機能を考えるとその価値はありそうです。

ダイエット目的の人は、1日の目標摂取カロリーを超えた分、翌日は減らすとか、抑止力としての効果は高いんじゃないでしょうか。

まあカロリーは健康を維持する上での一つの指標であって、この数字だけで健康管理ができるわけではないので、その点は注意が必要ではありますが。

そんなわけで、いわいが足りないと思った機能を備えたGoBeは、とても魅力的なガジェットではありますが、まだまだ、高いものなので、もう少しお手頃価格のものが発売されたら、購入を検討しても良いかな〜と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です