アキ工作社のダンボールブランド「D-TORSO」のディズニーコラボ商品がとても良い出来だった!

アキ工作社のディズニー公認商品のクオリティが高い!

以前も本ブログで紹介しましたが、九州の国東半島というところに、独自のダンボール製品を開発しているアキ工作社という会社があります。

そのアキ工作社のブランドが、d-torsoです。d-torsoには、ディズニーコラボの製品もあり、今回、購入してみたんですが、ディズニー公認ということで、素晴らしいクオリティになっていました!!

こちらが、製品のパッケージ。製品保護のためか、透明なプラスチックケースに入っています。
d-torso_disney1

ケースから出したところ。キラキラと光って反射する何かが貼り付けてありますが、ダンボール製です。
d-torso_disney2

断面を見ると、ダンボールであることがわかりますね!
d-torso_disney3

説明書。こちらに従って、番号通りに組んでいきます。子どもには、ちょっと、難しいかも。でも、親が教えながら組み立てたりとか、コミュニケーションが取れて良いかもですね。
d-torso_disney4

部品を外していきます。誰がどう見ても、ミッキーの顔ですねw
d-torso_disney5

組み立てが進むほどに、ミッキーらしさが明らかになっていきます。微妙な曲線でミッキーが表現されています。素晴らしい。
d-torso_disney6

d-torso_disney7

d-torso_disney8

腕以外の部分が組みあがったところ。全体の形も良くできてますね。
d-torso_disney9< d-torso_disney10

最後は、腕を取り付けて、完成!!いや〜良くできてる!!
d-torso_disney11

d-torso_disney12

ダンボールは、厚みがあるので、厚紙のペーパークラフトに比べて、かさばります。今回、購入した商品は、小さなダンボールの中に、無駄なく、きっちりと部品が収まっていました。

出来上がりのクオリティも素晴らしいのですが、商品として成立させるには、このように部品を限られたスペースに無駄なく収めるという技術も必要になってきます。

そういった部分も含めて、非常に洗練されている商品であることがわかりました。来年は、ただ、作るだけでなく、いかにして製品として成立させるかということも、しっかりと考えていきたいと思います。やるぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です