台湾に食べ物と店員以外は、ほぼダンボールのレストランがあった!

そこまで徹底しなくても良いような気もする

会社の後輩が、台湾にあるダンボールに特化したお店のことを教えてくれました。持つべきものは、先輩のダンボール好きを知っている後輩だなw

そのウェブサイトが、こちらです。(中国語のみ)
紙箱王CartonKing

中国語のみなので、さっぱりわからないんですが、この情報をくれた後輩が中国語に明るいため、メニューになんて書いてあるかとか教えてくれました。ありがとう!!

どうやら紙箱王はダンボールに特化したテーマパーク(レストラン)と、ダンボールで作ったものを販売するお店などを運営しているようで、ダンボールに対するこだわりっぷりが良くわかります。

Pouchというウェブサイトには、レストランについて、日本語で情報が掲載されていました。

ウエイトレスと食べ物以外すべてダンボール!? 一面茶色のダンボールレストランが台湾にオープンしたぞぉっ

MEMO
追記:引用元のページがなくなっていたので、リンクを削除しました。

レストランを作った人は、長年、製紙会社にお勤めだったようで、ダンボールとか、紙のことは、熟知しているようです。

というのは、良くわかりますが、なにも、調理器具までダンボールにせんでもという気がしないでもない。てか、ダンボールの蒸し器ってw
steamdan

いわいが考えている路線とは、かなり違いますが、まあ、これはこれで、とても興味深い。台湾に行くなら、是非、こちらで食事したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です