書籍データ化のために、ついに高速スキャナーScanSnap iX500を注文!!

検討を重ねて、ついにiX500注文!!

ix500

かなり前から、買おうかどうか迷っていた富士通のスキャナーScanSnap iX500を、ついに注文しました!!

このスキャナーで何ができるのか?迷った末に購入を決めた理由は何か?を書いてみたので、興味のある方はご参考にしてください!!

ScanSnap iX500でできること

ScanSnap iX500は、スキャナーです。紙の書類をスキャンして、電子化するために使います。

ScanSnap iX500

スキャナーというと、フラットベッドスキャナーのように、大きなフタを開けて、書類などを1枚ずつ挟む種類のスキャナーを思い浮かべる人もいるかもしれません。

プリンターやスキャナーが一体化した複合機は、この種類のスキャナーが搭載されていますからね。

iX500は、フラットベッドスキャナーとは異なり、複数枚の書類を連続でスキャンできます。書類の両面を同時にスキャンでき、毎分25枚・50面を読み取れるそうです。

一時期、書籍をスキャナーで読み取ってデータ化することが、「自炊」と呼ばれて、話題になりました。iX500は、書籍のような何百ページもの情報を高速にデータ化することを得意としている、自炊向けのスキャナーです。

また、名刺管理ソフトも付属していて、スキャンした名刺の文字情報をデータ化できます。

スキャンしたデータは、パソコン以外にも、EvernoteやDropboxなどのクラウドに保存したり、スマホに送ったりと、いまどきな機能もキッチリ搭載しています。

説明動画を見ると、ざっとどんな感じかわかると思います。

ためらっていたiX500の購入を決めた理由

いわいは、無駄なことが大嫌い。職場でも出来る限り書類はスキャンし、ファイルサーバに保存。定期的に紙の書類の見直しを行い、不要なものがあれば、シュレッダーしています。

IT系の会社に勤務していることもあり、専用のノートパソコンやスマホも支給されているため、情報の電子化を徹底しておけば、基本的にはどこでも仕事ができ、業務の効率化にもつながります。

自宅においても、紙類はできるだけ電子化し、不要なものは捨てています。無駄なものは持ちたく無いし、最近は書籍なども、できるだけ電子書籍を購入しています。

過去に購入した書籍など、電子化できていないものもあって、iX500を導入して、それらを一気にスキャンしたいと思っていました。

ただ、いま持っている書籍や書類を一通り電子化してしまったら、その後はほとんど利用することは無いんじゃないかと考え、購入をためらっていました。

だがしかし!!書籍を整理したところ、かなり減らしたはずなのに、スキャンしたいと思えるものが、余裕で50冊以上はありました。

また、イベントに参加するたびにいただく名刺を、これまではちまちまとiPhoneで撮影・補正して、アプリに取り込んでいましたが、枚数が多いと、かなり時間がかかります。これは本当に無駄な時間。

読みたい書籍が全て電子化されているわけではないし、新聞や雑誌などの情報も保存しておきたいものは今後も出てくるだろうし、名刺はこれからも増え続けるでしょう。

iX500は、一度使って終わりではなく、これからも活用し続けられるとの考えに至り、購入することにしました。

ちなみに、書籍をスキャンするときには、背の部分を切り落とす必要があり、そのために、断裁機を使います。これがちゃんとしたものだと、2万円ぐらいします。

ちょうど、オフィススペースを借りている名古屋のコワーキングスペースMYCAFEに断裁機が置いてあったので、おいくらで利用できるのか聞いたところ、なんと、無料で使って良いとのこと!!太っ腹!!

ということで、こちらは購入する必要がなくなりました。断裁機は持ってないけど、買うのはちょっとという方は、断裁を行ってくれるサービスもあるので、そちらを利用しても良いんじゃないでしょうか。

裁断ブックマート

電子化を進めて、書籍・書類のダイエットを行うのが、いまから楽しみ!!(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です