壊れたと思ったシュレッダーが潤滑油で復活した!

分解するまでわからなかった歯車たち

shredder1

自宅で使っているシュレッダーが、結構前から調子が悪く、だましだまし使ってきていましたが、ついに異音がするようになり、まともに紙を裁断できなくなりました。

安いのに長年頑張ってくれてありがとうと思いながら、分別廃棄のために分解したところ、直せる予感が!!

shredder2

こちらが、分解しようとフタを開けたところ。シュレッダーの中身は初めて見ました。紙を切る刃の部分は、機械内部に紙が入らないように、密閉されていました。

これまでシュレッダーの切れ味悪くなってきた際に、紙を切る部分の刃に潤滑油を差していました。しかし、割とたっぷりと油を差しても、切れ味は復活しませんでした。

shredder3

ところが、分解して、シュレッダーの中身を見たところ、これまで隠れていた部分に歯車があり、潤滑油が塗られていました。

直感的に、油が足りなくなっていたのは、ここじゃないかと考えて、潤滑油を差したところ、シュレッダー復活!!

最近では、A4用紙1枚を裁断するのも、ままならないぐらいパワーが落ちていましたが、しっかりと、紙を切ってくれるようになりました。

まあ、こういう機械を分解すると、通常はメーカー保証が受けられなくなりますし、怪我とかしてはいけないので、保証とか関係なく、分解しちゃだめってことになってると思います。

でも、油を差すだけで、また、使えるようになるのなら、捨てちゃうのはもったいないです。自己責任ですが、動かなくなったからと、丸ごと粗大ごみとして捨てる前に、直せないかチャレンジしてみても良いかと思います。

microcut2手動式の家庭用シュレッダー購入!!手間はかかるけど細かく切れて良い感じ!!ハンドルが折れたシュレッダーハンドルが折れたシュレッダーの再生と自動化に成功しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です